FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて

2015/02/03 09:48
Nat Commに論文が出版されました。プレスリリースもしました。始めてのプレスリリースなので、正直あまり上手く書けた気がしません。お世話になった先生に報告したら、もう少しキャッチーなタイトルにした方が記者さんが食いついて記事にしてくれるのに、というニュアンスのことを言われました。反省。

しかし、最近はトップジャーナルの壁をつくづく感じており、しかもその壁は実力の壁ではなくただ単に査読者や編集者と知り合いかどうか、査読者や編集者のお気に入りの手法を使っているかどうか、などつくづくどうでもいい壁を感じています。そうすると、ある程度のクオリティの論文が書ければトップジャーナルに通るかどうかはもはや確率の問題であり、実力の問題ではないということも実感しています。ただ、Nat CommのようなIF高い論文誌に載るとやはり手放しに嬉しい。そうでなくてもFrontiersのような標準的な論文誌に載っても結構嬉しい。どんなに理屈をつけても、論文が通れば手放しに嬉しいもんだということを実感しました。

最近はまた実験始めました。理論も面白いんだけど、実験もこれまた面白い。今年は就活の年で不安な気持ちでいっぱいですが、研究の質を高める努力だけは続けていきたい。
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する




Trackback

Trackback URL:



 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。