スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも

2014/04/17 18:27
会心のモデルだと思っている研究が現在進行中なのだが、同じ分野の最も大きなラボがほぼ同じ研究をしている。今日先生に聞いた話だと、かなりでかいところを狙っているとのこと。こちらは出遅れているのではないかと思うが、 焦っても仕方ないし、先生はあまりやる気なさそうだけど少しエンジンかけてくれてる気もする。

今月中の投稿は難しい気もするけど、何とか先手を打ちたい。波及して進めたい研究もいくつかあるので、何とかしたい。最悪、運動学習と意思決定のモデルの抱き合わせでレビュー誌とか出せる気もする。何とかなって欲しい、というかできる限りのことをして、ダメだったら素直に諦めよう。

今の研究は受賞があるから、研究の経歴には残る。あとは二つほど進行中のそこそこのものもあるので、あまり焦る必要はないはず。できる限りのことをして、あとは待とう。
スポンサーサイト

ふむ

2014/04/15 17:07
(おそらく今年度中は出さないが)公募書類を書き、来週から参加するオランダでの学会の準備(ポスター作成、発表練習)、論文の執筆、など今現在はやることがたくさんある。これに加えて本来はファントムプログラムの整備(もうこれは業者に投げようかと思う)、論文や教科書読み(全然できていない)、そしてまた別の論文を書かないといけない。やることがたくさんあるのは幸せなことなのだが、次の研究テーマも考えないと…。まあ、運動学習のモデルを条件付けに拡張することがまずやるべきことかな。

嫁の体調が良いのか悪いのかよくわからない。つわりがひどいタイプらしいが、昨日漢方のお店いったり、エビオス飲ませたりしてこっちが頑張っている感じだ。どうか元気な子供が生まれてくるようにただただ祈るばかりである。

明日

2014/04/13 17:04
土曜日はグダグダ用事をこなしていたら、嫁がつわりがひどく早退してきた。そして今日もつわりがひどいみたいでグダグダしている。傍にいてあげたいと思うと、外出は控えるべきになってしまい、陸上の練習はやはり平日しか無理なきがしてきた。

本来であれば、じつは今日、明日と母の退職祝いを兼ねた伊豆高原旅行の予定だった。しかし、妻のつわりがひどくキャンセル…何もしてないのにキャンセル料15,000円とられた…。涙。とはいえ、赤ん坊の健康優先なので、それは良かったかなと思います。その代わり、明日は豆腐屋うかいにて食事。旅行の代わりにプレゼントとしてデジカメを買った。よい思い出になればいいのだが、それもまた嫁の体調次第。

ぐは

2014/04/11 16:49
せっかくPhantom買ったのに、コンパイルできず。VC++2010, 2013両方インストールするというむだなことをしてしまった…。まあ、しゃあなしといえばしゃあなしか。今月中にはコンパイルできるようになっていたいが、H島さん頼りだな…。

実験場所も確保できそうである。ラックのサイズなども本郷にいって確かめさせてもらおう。わくわく。2台かえるし、両手もいける。

ふむ

2014/04/10 23:55
木曜日は本郷の日。まだ自分の研究をどう伝えればいいのかよくわからない。
今日もわかる人はわかったようだけど、うーむ、まだまだ未熟だ。

そして公募書類は段々形になってきた。かなり長文ではあるが。まあ、次はテニュアトラック助教あたりが無難なところか。できれば准教授になりたいところだが。

もうひとつの研究は、まだ未完成だな…。初めてから半年経ってここ二ヶ月で急激によい研究になったが、まだ詰めきれてない。

そろそろ新しいネタを考えなきゃいかん。意思決定とか行動経済学で一つ研究したいな、と思って論文調査中。まだ光は見えず。

ひょーせつ

2014/04/09 22:42
おぼちゃんがついに会見を開いた。
驚いたことは、「もう許してあげればいいのに」という流れがあまりに大きいこと。

不適切な画像の使用も「些細なミス」「不注意によるミス」と述べていたのでそれを真としよう。これが真でない場合はそもそも論外。Natureに投稿するような一世一代の論文でミスするような研究者は、そもそも理研のユニットリーダーとしてふさわしくはない。
博士論文の剽窃も些細なミス、不注意によるミスとするのだろうけど、博士論文もまた一世一代の論文なので同じミスを2度も繰り返したことになる。Natureのマテメソでもコピペ見つかっているので、仮に些細なミス、不注意によるミスだとしても3回以上同様の、研究者として致命的なミスをしている。そのため、些細なミス、不注意によるミスなんだから許してあげようよ、という論調は論外である。そもそも、些細なミス、不注意によるミスということは言い訳にもなっていない。自分は研究者として致命的欠陥がありますよ、と言っているに等しい。

STAP細胞があるか否かが重要だ、という意見は正しい。たしかにそれは重要な問題である。ただし、STAP細胞があるかどうかという問題と、剽窃、不適切な画像の使用を許してよいか否かは別に議論すべき問題である。後者に関しては、許されるわけがない。

マスコミの今回の取り上げ方に関しての批判は、最もな意見だと思う。東大や筑波大などでのデータ改竄問題は大して取り上げてないのに、なぜ今回は大きく取り上げたのか、という意見はごもっともである。個人的な意見としては、東大の件は取り上げなさ過ぎ、今回は取り上げ過ぎだと思う。マスコミが反省すべき点はあると思う。

個人的な意見として、剽窃、データ改竄、不適切な画像の使用、は研究者として許されない行為であり、おぼちゃんは研究業界からは身を引くべきだと思う。些細なミス、不注意によるミスでしてはいけないミスを複数回してしまった以上、研究者としてはもう信頼されないし、研究者に向いてないと思う。

今回、会見を開いたことの是非は正直どちらでもよかったと思うが、何も納得できる要素はなかった。本人の200回再現できた!は200回の根拠がわからないし、証拠がない以上、何の意味もない発言です。

ふむ

2014/04/08 18:09
新しい環境に移って2年目、少し昨年度末はダレていたが、何とか回復してきたかのように思う。
回復してきた要因としては、4月に入って忙しくなったこと、初科研費申請が通ったこと、そして何より家族がもう一人増えることが挙げられる。

4月はNCMでオランダにいくので忙しい。というか、どのブリューアリーに行くのか考えておかないと。今回は知り合いがほとんどいないのでかなり寂しくなると思うが、何とか頑張ろうと思う。あと母親が定年退職したので、そのお祝いも買いにいかないといけない。デジカメにしようかと思う。嫁に任せたのだが、どれがいいかわからないとか言って買ってこなかった。

科研費通ったのは嬉しいのだが、お金自体はそこまで必要とはしていなかった。なので、また実験機器を買うことになりそうな気がする。本当は研究手伝ってくれるポスドク(自分もポスドクだが)を雇いたいのだが、今所属してる大学の事務は本当に使えないので多分雇えないと思う。

そして何より嫁の妊娠が発覚したのが大きな出来事だ。これは本当に嬉しい。が、つわりがひどいようで全ての家事を本当に自分でやらなくてはいけなくてしんどい。するとあまり時間がないので、ダレているわけにもいかなくなった、というのが正直なところだろうか。

嫁のつわりのせいで、今年は桜が楽しめなかった。しかし来年の桜はかなり楽しめることだろう。まだ妊娠9週目で不安定であり流産する可能性も高いので、まだ油断ならない。が、かなり嬉しい報告が親にもできたと思う。
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。