FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やべー

2012/06/29 13:48
あー、学振の内容で書いてた内容が思いっきり論文にされてしまった…。
なえるな、これは。
まあ、向こうの論文を読んで思いついたネタではあるから、ある意味当たり前か。

ただ、学振の内容は表向きわかりやすく書いてただけで、本当にやりたいことはちょっと違うのでまあいいっちゃいいんだけど。
てかまあ狭い分野ではあるからコンフリクトするのはある意味当然なんだけど、やっぱりショックっちゃショックだな。

前に考えた実験も最近出版されているし、方向性は間違ってないんだろうけどスピードで勝てない。
がっかりすぎる。今日見つけたのも前に出版されたのもJnsっていうトップジャーナルだし、方向性は間違っていないという保証だけは得られるけど、それってただの自己満足だから何の意味もねえ。

まじガッカリ。でも落ち込んでても生産性0なので、何とか頑張りますわ。
スポンサーサイト

うーむ

2012/06/28 19:31
 何だかようわからんのだけど、自分の興味と100%マッチする研究室なんてあるわけないんだよな、ということに今更ながら気づく。自分が研究室立ち上げない限りそんな理想的な状況は起こりえない。当たり前だけど。

 そんなことよりも、今後どうするかだよな。
とりあえず色んな現象をばさっと説明できるモデルは形にしたいんだけど、収束地点がよくわからないんだよね。
ゴールはなんだろう。教師あり学習の限界を調べる、ということだと思うんだけど、先生と意見も食い違いそうだし、いろいろ大変な気がしてきたよ。
 意思決定のモデルも後輩がよからぬ方向にしか進まないから自分でやってしまいそうだし、楽しいけどしんどいな。
 多分、真剣に研究の意味とか考えだすとやばい方向に進みかねないので、ほどほどにしてとりあえず気の向くままに研究してみようと思う。

 MCの受賞は嬉しかったけど、やっぱりプレッシャーだな…。
まあ、時間が経てば自分も周りも忘れると思うので気にし過ぎても仕方ないんだけど。

ああ、なんというか。

2012/06/25 21:09
優秀発表賞が逆にプレッシャーになってる気がする。
2年連続だったら、次も、みたいになってしまう…。ああ、しんどい。
っていっても賞は時の運なので、まあもらえたらもうけものでしょう。
次に発表するネタは勝負をかけたネタなので、まあ逆に賞がもらえなくとも、この分野で評価されればいいやと思う。

しかし、案の定ほぼ全ての臨床の人に「やはりまだ使える段階ではない」との声をいただいた。
現場の声を知らない人の意見、でも何だか興味がありそう、という感じか。
優秀発表賞もらえてなかったら逆に落ち込むくらいに人は来てくれたからな。
きっと数理モデルもちゃんと応用すれば使えるものになるのだろう。
現場の人に興味を持ってもらえたのは嬉しい。が、まだまだ自分は未熟だ。
バカとはさみは使いよう、というがモデル研究は本当にアホちん研究にもなれば鋭い研究にもなりえる。
ある意味諸刃の剣なので、きちんと使わないといけない。

ああ

2012/06/23 23:37
モーターコントロール研究会終わり。
幸いなことに、昨年に引き続き優秀発表賞をいただきました。

その後の飲み会でテンションだだ下がりですが、なんか嬉しいやら疲れたやら…。
最初にもらった賞は嬉しかったけど、ここ最近はただ気を引き締めないと、と思わされる。
なんか知らんけど泣きたい感じ。
研究以外は全て壊して一からやり直したい。
賞もらって鬱になるとか、何だか贅沢なようだけど、何かしんどい。

しんどいしんどい。

うが

2012/06/19 22:48
台風で傘一本もってかれました。
パソコンが壊れてなくて良かった&ポスターも濡れずにすんでよかったです。

木曜日からMotor Control研究会に参加してきます。
楽しみじゃ楽しみじゃ。
こんなに運動に関することだけ考えていい日はないからね。
ただ、一言で運動の研究って言っても、意外と多彩であまりみんなお互いのことわかってないあたりは悲しいが。
まあ、ある程度色々なことわかるのは理論を研究している特権かも。

しかしまあ、特にここ最近ゼミのレベルの低さがやゔぁい。
選んでくる論文のレベルの低さもおったまげるが、発表者の理解の度合いも非常におったまげるレベルだし、偉そうにコメントする教授のコメントのレベルもおったまげる。わからないことは素直にわからないと言わないとね。
先生のいうことは正しいですねーヘコヘコ、みたいな感じで話し始めないといけない雰囲気はまるで北朝鮮ですわ。
さすが研究業界のピョンヤンと言われてるラボなだけある。

そんなことよりゆうこさんがイタリアに飛び立った今がチャンスだ。遊びまくろう、と思ったらMotor Control研究会だった…。まさか俺が遊び呆けられない期間を狙って旅行組んでたりしないよな…。いや、でも研究会での飲み会があるからな。頑張ろう。

うむむ

2012/06/17 12:36
 最近は飲み会続きで楽しかった!
何というか、本当に何事にも大体無関心な自分だけども、楽しいなあと思えるひと時があるだけでも幸せです。

 昨日は最近退学した方を囲んでの飲み会。
 自分の研究室はブラック研究室だとは思うだけど、想像を絶するまでのブラック研究室があることを知る。
 なぜ大部分の人間は権力を握るとそれを自分の偉さを誇示するためだけに振り回したくなるんだろう?
 そして出世欲がある人は大概にしてこの誇示欲とでもいうべきものが強い。因果関係的には逆なのかもしれないし、双方向的な因果関係なのかもしれないけど。
 出世うんぬんより、今は自分でも納得できる研究をする方が大事だと思ってしまう。
 まあ、そういう意味では出世の方が簡単だから皆そっちに力を入れているのかもしれない。

 こんな学生一人の声だけではどうにもならないんだが、出身者の進路を各研究室は公表すべきだね。
最低限、平均的に何年間で博士号を取れる見込みなのかは公表すべき。
 まあ、博士号は命がけでとるものである、という意見もあるかもしれないが、残念ながら今の日本では特に理系では博士号はざるに近いし、博士号とれずに大学院中退すると基本的には職が見つからないので、最低でも平均4年半でとれないと日本の大学のラボとしては失格。もしくは博士号がとれない場合でも、少なくとも日本では博士課程進学を許可したラボヘッドにも責任があると見なせるので、職を探すなどの努力はしないといけない。
 いろいろ考えると、卒業直後の卒業生、内部生、卒業後3年経った卒業生から研究室の評価をしてもらう。教授の人間性、研究室としての研究遂行能力、資金獲得能力、進学して後悔していないか、他に進学するとしたらどこの研究室を選んだか、など。評価は事務が保存しておいて、希望した大学院の受験生に開示、というのがベスト。研究室の評価を一番知るべきなのは受験生(特に学部生)。

ふにゃ

2012/06/11 23:20
元カノみんな結婚して一人取り残された感じだ。
ゆうこさんに申し訳ない気持ちもあるものの、正直重荷に感じることもある今日この頃。
嫌いになったとかではなくて、考慮しなくてはならない要素が増えれば増えるほど選択肢は少なくなることをほんの少しだけ憂いている今日この頃なのです。

で、構築している理論を支持する行動実験を考えた!
まあ、先行研究のほぼパクリなのが癪ではあるが、今のところこれは誰も示していないし、直感的に解釈可能だし、単純だし、でも既存モデルでは再現できないし、でまあまあいいんじゃないかな。
ただ、これに関しては俺はプロではないので、プロの意見を伺おう。

あとはなんだろうか…。
2000, Natureと比較して欠けている部分は、Discussionにおける電気生理実験との対比か。
あとダイナミクスの欠如か。
まあ、どっちもできるであろう構想は浮かんでいるんだけれど、あまり詰め込みたくはない。
できればこれで、初IF10越え論文誌を狙う。

うにゃ

2012/06/11 12:15
陸上の日本選手権をついつい連日見てしまった。
今週は飲みまくるので本当は研究しないといけないんだけど、つい。
自分に甘かった。
でもやっぱり走りたいよなあ、と思ったのでまた練習再開しよう。
そして10月か11月くらいに記録会に出よう。

しっかしまあ、最近また人間関係がめんどうくさくなってきた。
特別何か事件が起きた訳では全くないんだけど。
大学院生になってからはつながりを比較的大事にしてきたつもりだけど、たまにめんどくなって全てを捨てたくなるフェーズがある。
何ででしょう。

うむ

2012/06/05 22:08
早く卒業したい。
時間がもったいない。
いつこの世からいなくなるかなんてわからないのに、何でこんなに無駄な時間を過ごさないといけないんだろう。
柏のラボにいる多くの人たちに、明日この世からいなくなってお前は後悔しないのか?と問いたい。
「このラボは日本一なんだよ」「俺は日本一のラボに所属してるんだよ」
これらの言葉って何か意味あるの?本当に日本一のラボならわざわざ自分から言わないと思うんだよね。
そんなことを言ってる暇があるなら新しいことを知りたい、未解決問題を解きたい、自分のやりたいテーマに取り組みたいって思うよな、普通。

彼女から自信満々だねって言われるけど、自信満々なんじゃなくて、自分が納得できるまでやったことに対してのみ自信をもっているだけであって、後悔が残ることには自信はもてないっす。
俺も自己表現下手だし、誰にもわかってもらおうとは思わないけど、明日この世からいなくなってもそこまで劇的に後悔しないほどには研究生活楽しんでいると思う。

傍聞き

2012/06/02 09:03
書類を提出終えたので、最近ちょっと本を読んでおります。
元々推理小説大好きだったので、久しぶりに読んでみました。

と言っても短編集なのでまとめようがないんだけど、短編好きだって人にはかなりオススメできる作品な気がする。
個人的にはトリックは凝っているけど、オチが弱くて、という肝心なところがわからないままであまり好きではなかったけど。

小説家と研究者は似ているような気がする。
本読むって楽しいっすね、やっぱり。

今日は昼から飲んだくれてきます。
この前夕方から飲んだら彼女に嫌な顔をされましたが、やっぱり昼から飲むって楽しいと思うんだよね。
中々昼のみ付き合ってくれる人はいないんだけど、今日は飲んだくれお嬢さんと飲んできます。

と思ってたけど、二日酔いでしんどいとか連絡来た…。
ドタキャンはまあいいとしても、飲む気マンマンだっただけにショックが…。
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。