スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふげ

2012/03/30 15:35
最近起きれない…。
いかん、夜に学振の書類を書いているせいか興奮しすぎて眠れない。
こういう緊張感は好きだけど、うむ、体がもたなそうである。

そして最近運動してないしな…。
運動する時間は設けたいものの、中々…。

あああ、しかしまああれだな、研究できるってだけで幸せだと最近思うようになってきた。
まだ運動学習とか神経計算論に役立つ研究してるかわからないけど、でもなんだかこの分野のために役に立ちたいような気がしてきた。
論文書きたい!とか目立ちたい!とか、この人に認められたい!とか下らない感情だよな。
これらに突き動かされてしまうようにはなりたくない。
まあ、この人に認められる=この分野で認められる、という人なら別かもしれないけど。

あれだな、能力高くても研究の道に残れるかわからんから大分不安な気持ちもあるけど、いざとなればどんな形でも生きていけるしな。
ただただこんなに研究に集中できる時期があるってだけで幸せな気がする。
スポンサーサイト

そうそう

2012/03/29 20:49
あと今日iPhone壊れたか!?という状況になりました。

文字をうとうとするとフリーズするの。
本当にびっくりした!

設定→一般→リセット→なんちゃらDictionaryをリセットしたら復活!!
…というか、iPhoneって裏でどんな計算が行われているのか謎だよね…。
大江戸線乗った途端にぶっ壊れ始めてびびったびびった。

ふう

2012/03/29 20:46
学振書類はやっぱり書くの難しい。
結構力を入れて書いている。特に図の作成に力を入れているかな。
業績も多分あと一本論文増えるはずだから、おそらくPDに採用されるのに文句はないくらいの業績だと思う。
なので、業績重視の評価者がきてもOK.
5-6人評価者がつくとして、おそらく2-3, 少なく見積もっても1-2人は業績重視の評価者だと思うので、ここはクリア。

あとの評価者はおそらくちゃんと申請書を読んでくるので、その方達への対策を立てないといかん。
図だよね、わかりやすい図。
現在までの業績に関しては結構わかりやすい図を作れていると思う。

問題はこれからの研究なんだよな…。
現在までの研究は目的は運動学習、そしていろんな研究、という流れ。
これからの研究はとにかくガチで、とある一つのトピックを攻める。でも、やっぱり運動学習は忘れずに、みたいな流れ。
ガチトピックもまあ地味だし、今構築している運動学習モデルも玄人にはかなり面白さが伝わるんだけど、素人にはポカーンな感じだし…。まあ、統一モデルって響きはこの分野に対して素人な人でも伝わるかな…。
自分も他の分野から見れば素人な訳だし、その視点は忘れてはいけないよな。

ぐは

2012/03/28 21:25
学振の書類、やっぱり難しい…。
なんて言うんだろう、各ストーリーは定まったんだけど、それを表現するための絵を描くのが難しい…。
詰め込みすぎず、でも内容は薄くならずに…。
すんごいむずい。
口頭発表なら一スライド一主張とかいうけどさ、書類の場合一つの絵に一つの主張だと何かスペースが足りないような気がするんだよね…。

うーん、でもやっぱりシンプルさに勝るものはなし。
ということで、シンプルな絵を考えます。

ふむ

2012/03/28 14:22
物理学会から帰って来ました。
まあ、あれだな。自分で言うのも何だけど結構俺の発表はそれなりに盛り上がったと思う。
少なくともラストオーサー()が同じグループの発表の中では最も盛り上がったでしょう。

しかしまあ、あれだね。
結局自分のためだけ、自分のグループのためだけにやってる研究は聞いててもつまらんね。
なんて言うんだろう、この分野ではこういう問題点があるからこの計算してみました、っていう発表は大部分が結構面白い。オチが途中で見えることが多いし、想像の域を超えることはほとんどないけど、それでも聞いて損したとは思わない。
でも、これはまだ誰もやっていないから計算してみました、っていうのは聞く価値がないのがほとんどかな。自分が計算したかったから計算しました、っていう感じのはちょっとね。オチがないのが大部分だし。ああ、でもごくごくごくごく稀に出会うちょー面白い発表はこういう発表の中にこそあるかも。想像を超える確率はこっちのほうが高いかも。

ああ、俺のちょいネタも他のネタがないから計算しましたってだけだし、それだと全然面白くないだろうな。
計算しているときはまあそれなりに楽しいとしても、他人様に聞いてもらおうとまでは思わないな。
論文にはするかもしれないけど。さすがに飯食ってかなきゃいかんし、そればかりは正論だけじゃまかりとおらない。

明日から

2012/03/22 23:40
物理学会に参加するために関西に旅立ちます。
正直あまりというか全く準備してないんですけど、楽しんできます。
嘘です、多分学振の書類とか研究してると思います。
関西のスタバで。

会場となる関西学院大学は亡き父親の母校で、初めて訪れるのでちょいと複雑な心境です。
と言っても両親は俺が10歳のときに離婚してるから、正直亡くなる間際の顔しか記憶にはないんだけど。
人の人生を羨むなんてくだらないと思うだろうけど、中学生とか高校生のときとかはやっぱり裕福な家庭で、恵まれた環境で育ってる人たちは羨ましいと思ってたな、正直ね。

まあ、スライド使い回しがバレない程度に頑張ってきます。とりあえず英語を日本語に直して置いたらか大丈夫だろう、きっと。

うむ

2012/03/22 13:01
何となく学振書類の内容がいい感じになってきたようなそうでもないような…。
とりあえず俺が出し切れるものは全て出し切る。それしかないだろ。
結構妄想が得意だとは思うんだけど、そもそも妄想のテーマを決めるってのは難しいんだよね。
内容が結構マニアックっちゃマニアックだし、まあ元々研究するという行為自体がマニアックだとは思うんだけども。
テーマさえ決まればあとは突っ走るのは得意なのだけど…。

あと、書類書いてて一番難しいのが受け入れ先のメリットってやつだね。正直なあ…。議論できるから、以上のものってないよね。
理論系に限らずだけど、はっきりいって研究は一人で考えるものだしさ(研究に関する熟考は一人でしかできない、っていう意味ね)、研究室に所属するメリットって議論以外に何かあるの?議論だって別に所属する必要はないし。

というか、ポスドク以上は独立した研究者じゃなきゃいけないんだから、そもそも受け入れ研究室を決めなきゃいけないって時点でナンセンスだよな。学振PDって自発的な研究を促してるんだから、矛盾しまくってるよな。ただ書類を通すという目的をもっている以上文句はかけないんだけども。

と、良いメリットが浮かばないので文句をたれてみたけど、なんとか考えないとな…。

ふう

2012/03/21 11:15
とりあえず査読返信終わった!
アクセプト率高いけどIFは高いという謎の雑誌だけど、とりあえず業績増えるのはでかい。
本当なら気に入ってる研究だけにもうちょっとハイインパクトいきたかったけど、この研究の質に対してリジェクトされる確率が限りなく低い雑誌じゃないと学振間に合わないし、これくらいが無難か。

すぐアクセプトされるといいなあ…。
教授とやり取りするのしんどいわ。
ツッコミどころしかなく全く得るものがないコメントの対処って困る。

これで学振の書類にがっつり集中できる…と思う。
何だかここに来てちょくちょく用事が入ってくるのがしんどいっちゃしんどいけど。
ぶつりがっかいとか関西には行くけど参加しないかも。

ふむ

2012/03/18 19:55
おお、これはすごい!って思わせる研究って難しいよね…。
めちゃくちゃ大きな枠組の問題点を提唱することなんて可能だけど、そんなのみんな気づいているようなことばっか。それに少し珍しい視点を加えられたら理想的だよね…。

自分で満足行くような書類も書いてみたいし、研究もしてみたいね。
納得する程度だったら今までもあるにはあるけど、満足したことはないよな。
てかこの先も満足できることなんてあるのかな。
テニュアとって満足する人はたくさんいるんだろうけど、テニュアとってからこそすごくなった人って一人、二人くらいしか知らない。
人間満足したら終わりなのかな。それだったらずっとこんな感じでいいか。しんどいけど。

ふう

2012/03/13 16:49
学振書類に使う絵を描いてみた。
スタバで脳の絵を描いていたら、隣に座ったおばちゃんが席を移動していきました。
危ない人であることは否定はしないけども、危ないという意味を誤解してもらっては困るね、うんうん。
まあ、あまりにも下手すぎたから見てられなかったのかもしれんね…。

ぽちぽちと野崎さんのアイデアを組み合わせて作ったモデルが実はかなり説明能力が高いモデルでありそうな感じがする。今までの先攻研究3~4つ分くらいを同時に説明できるモデルだったりするようなしないような…。
致命的な弱点はあるんだけど、ちょっと複雑にすれば説明できるし、実は生物学的に妥当な範囲内で複雑にすればいいんじゃないかという気がしている…がわからん。
モデルだけだとなかなかハイインパクト狙えないから、何か新しい実験が提案できればいいけどね…。
まあ、まだ構想段階。

そいえば小粒ネタ作ってはボツにし続けていたので新しいネタが…(上記のはあるにしても)。
一応やりたいことはあるけど、学振書かないと…とか結構いろいろ考えるとしんどい。
今年中にもう一本論文書きたいから、何かひねり出さないと…。でも学振…。まあ、切り離す必要性は全くないんだけどもね。

ふむ

2012/03/11 20:27
とりあえずPLoS One論文は英文校閲依頼まで終えた。おそらく学振までには間に合う…はず。
というか間に合わせないといけない。
関西大学の学生さん&教授との共同研究もおそらく論文になりそうな気がするし…。まあ、こちらに関してはあまり圧力をかけるわけにはいかないから通ったらラッキーくらいかな。
あと2本あるはずなのに…。
テニュアとったら脳みそ腑抜けになるってD. Wolpertがいってたけど確かにそうかも、と思わせられる現象を多々観測している今日この頃。
まあ、共同研究に関してはあまりガツガツいってもしょうがないよな。
嫌われたら最後だし。
自分ができることをする、これに尽きるね。

ブラウザをChrome→Safariに変更。
せっかくMac使ってるならSafariの方が良さげな気がしている。トラックパッドの相性的にも。

昨日は柏の友人宅で飲んで、終電逃してタクったり。
泊めてくれるかと期待したのにやっぱりそこは女の子らしく泊めてくれなかった泣。
こういうときだけ女ぶるのはやめてほしいものだけど、さすがに仕方ない感じでしたねー。

AQスコア

2012/03/09 12:34
自閉症かどうかを高性能に判断できる指標の一つとして、AQスコアというものがある。

50点中33点以上だと自閉症の可能性が高いらしい。

気になったからやってみた。

結果は…

20点!!

うーん、俺は自分のこと自閉症だと思ってたからちょっと意外な結果でした。

意外と平均的な大学生なんですね、ぼくは。
研究者は普通と言われることに嫌悪感を感じるらしいですが、今回は普通でよかったと思いました。

あ、ちなみにT大生は平均スコアめちゃくちゃ高いらしいです。

だから僕はT大生であるという条件付きの中では平均より自閉症度合いが少ない方でしょう。

俺で少ないんだからどれだけみんな自閉症っぽいんだよ、って突っ込みたくなる気がしてしょうがない。

うむ

2012/03/07 13:57
大学に行くよりカフェや家で研究してた方が集中できる。
もとから研究室行っても研究の参考になることなんて何一つなかったから、研究に関して言えば明らかに大学行かない方がはかどるっぽい。
ただ、やっぱり話し相手がいないというのも寂しいものだということに気づいた今日この頃。
やっぱり一人は寂しいものだ。

難しいよね。会話の時間と研究の時間って両立しない気がする。
議論すれば一挙両得な気はする。
でも議論するにしても、どこかの研究(?)結果によると、ブレインストーミングも上手くやらない限り大多数で考えたアイデアより一人で考えたアイデアの方が素晴らしい、とのこと。どうやって検証したんだろうね、これ。
こんな上下関係だけで成り立っているような社会だとブレインストーミングしても意味ないわ。
ちゃんと論理的に上の人のアイデア否定したり、上の人より優れたアイデア出したら何で逆ギレされないといけないんでしょうか。
上下関係の緩いラボは本当に羨ましい。
会話の時間と研究の時間が両立できそうだ。

そもそも理論のラボでオススメできるラボがない時点でいかん。
かといって、理論でオススメできるラボって何を意味する?という問いには答えられない。
最初の一歩だけは指導される必要があることは認めるし、その点はいまの研究室のボスは上手だと思う。
ただね、指導が続きすぎるとボスの劣化版コピーに成り下がるだけ。
なりたければなればいいとは思うけど、多分コピーたちはたくさんは必要ないし、コピーになること自体俺は望まないな。
ああ、これって別に理論に限らないね。というか研究者に限らないわ。

まあ、どっちにしろ人に頼らず自分でがんばれ、ってことだ。
頼るところは頼ってもいいけど、結局最後は自分の足で立て、ってことだと思う。

うーむ…

2012/03/05 16:36
僅かな差を議論するのはもう疲れた。
やっぱり新しいネタを探そう。
しかしやっぱり上手くいかないことの方が世の中多いような気がする。
まあ、当たり前か。

だからこそ上手くいったときが嬉しいんだよね、きっと。

もう少しもがき苦しんでみるか。

うむ

2012/03/04 16:44
やっぱり線形モデルには限界があるのか。
自分の主張通りの結果しか出ないからイマイチつまらん。
何も面白い結果はでてこんかった。
もう論文にした主張をさらに細かく調べたぜーみたいな感じだしな。
どうしようかね、投稿して査読でめんどい追試してこい、とか言われても困るし…。

まあ…。
ふう…。
うーん…。
まあ、物理学会ではこれ発表しようかな。
やっぱり手計算にこだわり過ぎかな。
そろそろこの殻を破らない限りハイインパクトの世界へは到達できないかもしれない。
といっても、なかなか鋭い切り口から切り込むには手計算ってすごい有効なんだよね。
ぱーって捨ててしまうのはそれはそれでアホなのだと思ってしまうのだが。実際、査読の返信考えてるやつは捨ててるし、捨てすぎてちょっとマズいような気もするし。
あああ。迷いますなあ。

書類を書いてみて

2012/03/03 22:07
学振PDの申請書類を書いていて気づくこと。
書類を書くことを想定して論文を読んだり研究を考えると見えてくることが違う。
制約条件を書けて論文を読んだりすると案外違う視点から見えることに気づく。
これはすごい狭い視点から眺めるため、自分の今までの研究から見えることしか見えない。
でも広い視点で見すぎると見えないことは見える。

一方で興味に任せて読みまくってみるとそれはまたそれで面白い。
こんな解けない問題あるから使えないかなーと漠然と読んでると具体的なアイデアは浮かばないんだけど、糧になる。
実際こうやってポワーと読んでるとポッと浮かぶこともある。

結局両方必要なのかも。狭い視点も広い視点も。
多分どちらかに偏りすぎるとショボネタしかできない、もしくは全然研究ネタ浮かばない、という感じになりそう。
一人複数の役をこなすことは非常に重要。
一夫多妻性みたいなかんじ。
なぜに日本は一夫多妻性じゃないのか、と嘆いても悲しいだけなんだけど、この浮気性な性格が研究に活かせればきっと色んな意味で生活がうまくいくんじゃないのかとわけわからないことを書いてこの記事を〆てみる。

ふむ

2012/03/03 19:37
昨日はゆうこの誕生日。
4年ぶりくらいに指輪をあげてみた。
婚約指輪とか結婚指輪って恐ろしい値段するんだね…。
何であんなに高いん?
金で誠意見せろってか。それくらい買えないような財政状況で結婚するな、とか。
買いたくねー、とか言ったら怒られそうだから黙っておく。

久しぶりにがっつり計算してみた。
まあ、何というか計算したら答えがでるってわかってるから、まあ答えがでようが嬉しさはないわけで。
こっから少し考察できると面白いことが見えてくるのかな…?
個人的にはストーリーは浮かんでるから結果さえ出ればすぐ形にできるはずなんだけども。
でもまあこうしてストーリーだけ一人歩きして結果しょぼくて消えていったネタはたくさんあるわけで、あまり期待しない方がいいんだけどね。
とまあ、意外とやる気がでてきている今日この頃なのでこのまま突っ走ろうかと思います。
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。