スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふむふむ

2011/09/30 21:41
要点は文章の頭にもってくることがポイントらしい.

Paragraphなら,1st sentenceは完全なIntroduction, 2nd paragraphが要点+まとめ.そして補足してfinal sentenceでまとめ.

文章全体ならば,1st paragraphでIntroduction, 2ndで要点+まとめ.そしてfinalでまとめ,というところか?うーん,中々こういう文章は書けていないような気がするな….

といってももう英文校閲だしちゃったしなあ….
スポンサーサイト

妬み

2011/09/29 21:41
教育学部の同年代の方が,トップジャーナルにアクセプトされたようである.

その方は頑張っているし,納得の結果.

あー,でもいいな~とか,研究室選び間違ったかな~とか思ってしまった.

いわゆる妬みというやつかな?

調べてみると,妬みは自分の状況に満足いっていないときに生じやすい感情らしい(もっともらしい意見だと思う).

…自分の状況に俺やっぱり満足してないよな?

たろうや留学する先輩を見て,正直いいな~と思うし,いいな~と思うならお前もいけよ,というツッコミも甘受する.

まあ,たぶんだけど,自分自身でも方向性が定まってないんだろうな.

何をしたいんだろう?何ができるんだろう?

結局何だかふんわりしている自分の研究人生だな,と自分を戒めなきゃな,と思う今日この頃でした.

なるほど

2011/09/26 20:18
英語にしろ日本語にしろ,Writingにおいて大事なことは,ある意味当たり前なんだろうけど,Introduction.

流れとしては,Shared context(お,このトピック知っている,と思わせる)→, but Problem (こういう問題があるんだぜ,と提起) → Solution (こうやって解決しよう,こう考えるべきでしょう)という流れが理想らしい.

Shared contextは,Event→Beliefという流れで書く.こういう事実があって,一般的にこう考えられています,という部分.

そして,Problemの提起.ここでは,Problemを少ない言葉で定義→そいつが生じさせるCostを述べる.

最後にSolution. こうすべき,こう考えるべき,と述べる.

参考になるな,と感じるのは問題を提起する.そして常にSo what?と問うべきだ,ということ.

これこれこういうことがわかっていない.→So what?と自問する.このProblemを解くとこんないいことがあるぜい,とここで主張する.Academic writingの場合,この(small) Problemを解くと,(large) Problemへの解決の糸口になるぜ,という感じで良い.


あー,なぜかWritingの本に教えられたね.大枠を意識して書け.

最近は大枠,つまりは未解決問題を意識することを忘れていたような気がするなあ.

未解決問題があって,その枝葉末節ではあるが重要な問題を俺は解いている,というノリが重要らしい.

確かに.

ふむ

2011/09/25 20:23
 俺もDiscussionしたいな.

 このラボだと,学生同士の議論すらないという驚愕の状況だからね.

 ふと感じたことがあるんだけど,Discussionに勝ち負けってあるの?

 今いるラボの上の人は「私と議論して負けて悔しさを味わえ」とか言うけど,議論に勝ち負けとか言ってる時点でアウトだと思う.ディベートなら勝ち負けはあるけど,議論は互いの意見を言って昇華させる場.
 口の上手さ,論理的思考は議論の場では別に意味ないと思う.
 そういうことわかってる人のラボに武者修行に行きたいものだが,外見だけじゃよくわからないのが難.

 少なくとも,学生でいいからこういうことがわかってる人と議論してると楽しい.

 まあ,文句言ってても何も生まれないので,早く次のラボの行き先決めて,そっちに通いたい.


 使えそうな英語Tips. 文章が長くなってしまうときの改善法の一つ.

 Modifiers.

Resumptive;

When we discovered the earth was not the center of the universe, it changes our understanding of who we are, an understanding changed again by Darwin, again by Freud, and again by Einstein.

Free:

Global warming will become a central political issue of the twenty-first century, raising questions whose answers will affect the standard of living in every Western nation.

 これらは何と説明していいかわからないけど,使えそうな気がする.

ほげほげ

2011/09/24 22:15
英語の文章の基本は,古い,もしくはcheapな情報は左において,新しい,もしくはrichな情報は右に置く,というもの.右に置くからには文章の終わりに近づくわけなんだけど,文章の終え方にもStressをかけるシンプルな方法があるらしい.

その一つが,[of + noun or nominalization].

少なくとも,prepositionで終わるととっても弱い文章になるらしい.adverb, adjectiveはほどほど.

また,Repetitionも大事らしい.とにかく似た言葉を繰り返すことで強調できる.

つぎは結構面白いなと思ったんだけど,

A concise style can improve not only our own thinking but also our reader's understanding.

という文章,これは何も間違っていないんだけど,次のように文章を帰るだけで,最後の部分が強調される.

A concise style can improve not only our own thinking but also the understanding of our readers.

つまり,並列に並べていた文章の順番を崩す.崩すことで強調されるという法則.


これは単純かつかなりわかりやすい気がする.

使ってみよう.

うーん…

2011/09/22 21:51
査読者への返信用の解析計算が終了….

が,何だかもったいない気がしてきた….結構頭捻った計算だし,今までの概念とはちょっと違う計算が必要だから,これだけでも物理系の雑誌程度なら通るんじゃないかという欲が….

まあ,とりあえずさっとまとめてAppendixにくっつけて,もう少し詳しく計算してみたくなったらすればいいか.

いや,しかしなあ….

まあ,論文の本数だけ増えても仕方ないし,とりあえず目先のことを処理していこう.

最近集中してないな.

駄目だ,自分.

2011/09/21 17:53
査読がMinor revisionで返ってきた.

Editorからのコメントを見る限り,通ったも同然,のように見て取れる.

…が,

Reviewer #1がたくさんイチャモンつけとるやんか~(´;ω;`).

こやつ,わざわざ追試までしてきて,「この仮定がないと君の結果は成り立たないんだから,こういう仮定を置いているんだと早目に明記すべきだ」とのこと.

いや,明記しとるし.わざわざ追試して文章の箇所まで指摘してくるとは,暇人なのかそれとも大物なのか…(それともその両方なのか…).


最近は将来のことばっかり考えてるな.

神経科学の分野についても未来とか,ホントはそんなこと考える余裕なんてないから自分の将来とか.

まあ,みんな同じかな.

とりあえず査読返信めんどいけど,肩の荷が少し降りた.

これ通ると大分違うわ.


とりあえず新ネタ探しをしよう.

焦ってもしゃあないけど,ビッグなネタをやりたい.

ああああああ

2011/09/12 21:21
結果は出たけど,ビミョー.

まあ,元から効果があると言われている現象より,更に効果を加速する方法があるんじゃない,って主張する内容だから,まあほどほどの効果しか見えないのは仕方ないかもしれない….

ま,まあ程々のジャーナルに出版できればいいかな….

頑張ろう….


Style, 別にlessonとか要らないわ~.

そんなに集中して取り組まないし.

飛ばして読もう.

とりあえず最近学んだことは,主語, 述語, 目的語が離れすぎてちゃダメ,ということ.

ま,当たり前なんだけど意外とできていなかったりする.

で,これが出来るだけでじつは結構読みやすい文章へと変貌できる.

ぐは

2011/09/08 21:19
ホントに結果が出なくて愕然としている今日この頃です.

でも,何とか無理やり結果を出そうじゃないか,とちょっと奮闘しています.

俺の研究分野って伝統のない基礎研究だから,到底国民の理解を得られるようなものではなさそうな気がする.

でもね,今結果が出そうで出ていない研究は,こういう視点から研究すると役に立つかもしれないよ,って提唱できるかもしれない研究.
少なくとも個人的にはすごい気に入ってるし,PD書類にはかなり有効だと思うので,何とか結果を出さないといけないのじゃ.
結婚のことを考えると,学振PD落ちるわけにはいかない.


並行して,もう1テーマくらい年内に論文にしたいな.

てか,3月に投稿して8月にリバイズした論文はまだ返信来ない.

あー,もうそんな気にしている暇もなく来週学会だし,でも新テーマ全然絞りでてこないし(ふらふらしすぎかも),結構テンパってる気がする.

まあテンパッても時間は止まらないので,出来る限りのことをやるしかありませんなあ.

うが

2011/09/07 21:36
あー,結果がでない!

思った通りの結果がでない!

いや,出てるんだけど思うようにいかない!

せっかくビッグジャーナルに出そうと思っていたのに,これだと普通レベルのところにしか出せない….

しょうがないのかなあ…(´;ω;`).

研究は必ずしもうまくいかない.

だから面白いのだ.

…と言えるだけの包容力は僕にはまだありまてん.

PD書類の期限まで着々と日は迫ってきています….



Style, 3種類くらい本があるらしくて今読んでいる"Style Lessons in clarity and grace"は評判が良いのか悪いのかよくわからない….

確かにLessonとかいらない気もするんだけど,正直Lessonがあまり解けないんだよね….

AJEから校閲の結果が帰ってきて,悉く直されるところをみると結構落ち込んだり…(まあ,直さないで返してきたらそれはお金のムダになるんだけども).

今日読んだ箇所はConcision.

結構参考になりそうだな,と思ったのがとりあえず形容詞と副詞を全部消してみて,必要なものだけ残そうね,という方法.

あ,確かに余分なのたくさんつけていたような….

ふげ

2011/09/04 18:11
寝違えたせいか背中が強烈に痛い.

背中が強烈に痛いせいか,とてもテンションが低い.

結局心身は一体ということだと思う.

…痛い.


Paragraphの最初のsentenceはTopic sentenceと呼ばれて,現在のParagraphの内容をまとめたもの,もしくは表題的なものになっていないといかん,というのは結構どの本にも書いてある.
で,StyleではSentenceの中でも重要度の低い文章は左に,重要度の高い文章は右にもってくるべし,というルールが書かれている.
総合すると,Topic sentenceの終わりの方に,Paragraphの表題をもってくればよい,ということ.こうするとParagraphが引き締まる.

あーでも結局Coherentな文章ってなんなのかがまだよくわかってない気がする….

難しいねえ….

文章の強弱

2011/09/01 21:57
1つのSentenceの中では,古い情報→新しい情報と流れさせることで,Sentenceの後ろの方を強調させると読みやすいらしい.

特に,Technical termは文頭にあるとわけがわからないけど,文の後半にもってくるとわかりやすくなるらしい.

あーなるほど,と感じたのは受け身にする,There is~, It is~|, What~と文章を始めると否が応でも強調したいことが後ろに配置されるので,強調したい時はこれらを使うべし.そして,not only~, but also, not~, but~も,but~のあとに言いたいことをもってくるため,これまあ強調文には使える.

なるほど,確かに感覚的にはわかっていたような気もするが,明記されるとしっくりくるな.

とりあえず一本プチネタを書き上げたので,もう一本書き始めてみた…
が,先行き怪しい….
ビッグジャーナル狙おうと思っていたが,これはちと厳しいかな….

そして,新しいネタ,10月中にあともう一つくらい欲しい….
でないと学振間に合わない….

と焦ってばかりいて,何も思いつかずにただただ焦る今日この頃….
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。