スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あー

2011/08/28 21:52
結局12秒14(-0.1)もかかってしまった….

今朝体重はかったら70kgあって,こりゃ走れないわと痛感したのでした.

今日は一日ぼーっとしたけど,また明日から気合入れなおそう.
スポンサーサイト

うおー

2011/08/27 11:56
先週,今週と飲み過ぎた….

しかし,今日100m走ってきます!



やばい,お腹がたるんでる….

でもでも,11秒台出してきます!



昨日みたいに記録的豪雨とか降らなければね….

あー,でもこの歳になっても記録会は楽しみだな.

ドキドキしてる(完走できるかどうかのドキドキかもしれないけど…)

行ってきます.

CohesionとCoherence

2011/08/20 13:12
文章はCohesiveであり,Coherenceでないといけないらしい.

Cohesiveというのは,前後のSentence同士にのつながりであり,Cohesiveな文章を書く単純な方法は前後の文章で同じ言葉を繰り返すこと.
~ the blabk hole. A black hole is ... .
みたいに.必ずしも繰り返さずとも,前後で話が続いていればCohesiveな文章になる.

Coherenceな文章というのは,1つのパラグラフ,もしくはもう少し大きいくくりで,首尾一貫した文章を書いている文章のこと.関連した主語を使っている,関連したトピックについて書いている,そしてトピックセンテンスを含んでいればCoherenceな文章になるらしい.

この2つを同時に満たさないといかんらしい.気をつけてはいるけど,難しいよね….


あ,そいえば来週の土曜日記録会だ….

全然走れてないし,ぶくぶく太っている気がする…(怖くて体重計乗れない…).

11秒台でるかな….

結局

2011/08/17 21:56
どこを受動態にすべきで,どこを能動態にすべきなのか,正直まだよくわからない.

ただ,suggest, explain, summarizeなどの"Metadiscourse"(いみふ)はwe, Iで始めることが基本らしい.

ここは何も気にせずそうしていた気がする.

一番受動態として使えそうなのは,主語が明確でないとき,そして文章の最後に強調したい言葉を使いたいときかな.

まだわかっていないが,こんな感じ.たぶん,今まで通りの感覚で受動態使えばいいのだと思う.


日曜日から神戸です.

アウェーな学会だけど,何とか知り合いを作ってきます.

ふげ

2011/08/16 22:07
オンライン英会話,どこがいいのか調べていたら時間がかかってしまった.

で,どこがいいのかよくわからなかったし,結局いい先生はすぐ予約が埋まるらしい.

まあ,いいさ.

とりあえずそろそろ突撃しないと,国際会議などで何言ってるのかわからず終わってしまいそうだ.


今まで受動態は使っちゃダメ!みたいなことを言われてきたが,これは必ずしも真ではないようだ.

1. 読者が必ずしも主語を知る必要がないとき

2. 受動態にしても主語として強調したい言葉があるとき.
要は,1つのパラグラフで主語をコロコロ変えることの方が悪なのだから,それなら受動態使えばいいじゃん,という話.


うん,なるほど.確かに.

つねに主語を考えると変だな~と感じた文章があったから直そう.

今日本はお盆休みで何だか日本中がぽわんとしてます.

こっちは学会準備,論文,さらにプロシーディングス投稿準備でそれどころじゃない.

難しい

2011/08/13 11:45
やっぱり英語のライティングは難しいなぁ.

何だか書いていてもふんわりしている感じがあるな.

同じ文章繰り返してしまうし.

名詞化禁止はかなりリバイズの基準として使えるんだけど,目的語としては使って良い,とか一応色々ルールがあるらしい.


今猛烈に欲しいものは,志を共にする仲間だな.

猛烈に,真剣に,人生賭けて研究に取り組む人が同じ分野,同じ年代にいないかな.

いや,いるにはいるか.

柏はその点,かなりダメだな.

心がやられないように,とにかく強く生きよう.

名詞化禁止

2011/08/08 21:42
Styleは俺にとっては目からウロコな内容が多いな.

言われりゃ気づくが,いかんせん自分じゃ気づかなかった….
たぶん,英作文そんなに得意じゃなかったのもそのせいか….

「名詞化」した単語は極力主語にしないのが良いらしい.
例えば,evaluateから派生するevaluation.

evaluationを主語にしちゃうと動詞も曖昧になって意味がわからなくなる.

The evaluation by them is....

という文章は曖昧さが残ってしまう(The…?).それなら,evaluationという名詞ではなく,evaluateという動詞を使って

They evaluate~....

というように,主語を明確に,そして動詞も明確にする.

これだけでClarityが格段に上がるそうな.

当たり前じゃん,と読むと思うのだが,いかんせん自分で書いていると必死過ぎて気づいていなかった気がした.


今書いているショボネタ(でもお気に入り)論文は英語の勉強を兼ねてキッチリ書こうと思う.

心が荒れた

2011/08/07 22:13
今日はついてない一日だった.

柏の葉キャンパス駅にて自転車に乗り通学.

いつの間にやら外付けチェーンの鍵が無くなっていて,気づかず自転車に鍵をかける(@昼食を購入したファミマにて).

もちろん鍵は外せない.

ここでも萎え萎え度は100を超えていたのだが,仕方なく,炎天下の中引きずってキャンパスまで歩いてみる.

その道中「プシュー」と音と共にチャリが見事にパンクする.

ここで萎え萎え度は2乗される.

研究室で新しいテーマにとりかかる.

プログラムコードがバグって発散を続ける.

ここで萎え萎え度はさらに2乗される.

…まあ,この程度だったかな….

自転車はブレーキ壊れてたし,ちょうど買い替え時だったのではないかとちょっと諦めてみる.


そいや英会話申し込んでないや….いかんな.

最近はエネルギーが足りていない.

研究にメチャクチャ集中しているが,いかんせん英気がなさすぎる.

補充しなくては.

とりあえず

2011/08/03 22:08
一番効率のよい英語の勉強方法は,実際に話したり実際に書くことだよね….

だから,ホントはスカイプ英会話やればいいとわかっているのに,何かこうあと一歩が踏み出せない….人見知りのせいだろうか….いや,そんなこといってたらいかんな.今週の土曜日に体験しよう.そう決めよう.

書く方に関しては,論文書けばよいでしょう.
とりあえずこの前ボツに仕掛けた内容は意外と重要な気がするので,さっとまとめてみよう.
書かなきゃわからんよな,やっぱり.

Styleは今のところ役に立つような予感がしている…が,いかんせん文法用語が多すぎることと,文法の歴史的背景とか言及されててそこらへんがいみぷーです.

でも英語ライティングは避けて通れない道なので,マジで頑張る.

ぐは

2011/08/02 22:16
英語が書けないため,"Style"という本を読み始めた(もちろん留学するのが英語ライティング上達の近道であることは承知なのだが).

"Because"で文章を始めてはいけない.



あ,めっちゃ始めてたし.

始めても文法上は間違ってないんだけど,スタイルとしてAwkwardだそうな.

というか,校閲会社の人直してないよね…って自分で何とかできれば一番なんだけど.

ようやくSince, WhileとBecause, Althoughの違いを知った.

前者は「皆さんご存知の~」というニュアンスで文頭から使ってもよく,後者は「なんと~ということなので」みたいな感じで(たぶん),新しい事実を書くための言葉らしい.

しらねー.

制限用法のときは,whichよりもthatの方が好ましいらしい.

それがスタイルというモノらしい.

しらねー.

いや,知らないことが罪なんだよな,きっと.

これから頑張ろう,と大分時間がたって初めて英語に相当な危機感を覚えた今日一日でした.

これから知らなかったことをちょくちょくここに書いていこうと思うので,うざかったらごめんなさい.

とりあえず

2011/08/01 22:04
査読返信した~!!

返信したらホッとし過ぎて何もヤル気がせずに,ふらふら公園をふらついてしまった.

彼女に対してプチ切れしたり,教授に対してほんのりプチ切れしたり,今日は精神的にダメダメな日だったな….

まあ,でも2ヶ月かかった返信終わって気が抜けてます.

2ヶ月フルに使ってよかった.使わなかったら全然間に合わなかった.

さてさて,明日から上手いことスイッチ切り替えないとな.

没ネタはやっぱり何とか形にしないとな.

個人的には好きなネタだから,やっぱりがっつりやりたいんじゃ.
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。