FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何とか

2010/02/25 15:54
おそらく研究室のかたがたのよき計らいにより,今日明日は通夜,告別式に参加した後,明後日にアメリカに経つことができそうです.

これでおばあちゃんが骨になっていくところを見て,お別れの覚悟ができるのではないかと思います.見ただけの悲しさはあるとは思います.正直,今はお棺に入って触ることがもうできません.葬式用の写真を見ているだけでも心が痛みます.

本当に悲しいですが,まわりの人たちの支えに本当に助けられているな,と心から思います.
スポンサーサイト

おばあちゃんが亡くなりました.

2010/02/24 20:50
2010年2月4日午前4時32分,祖母が亡くなりました.死因は胃癌です.発病から4ヶ月半とのこと.しかし発病の時期は不明であり,いつ発病したのか知りたいです.どこで気づいてあげられなかったのか.

最後は可哀想でした.たんが喉につまって,呼吸困難状態でした.午前4時30分頃,祖母が寝ている部屋で皆が悲鳴に近い声を上げていたので,急いで駆けつけました.正直,もう見ているのですら辛いくらいの昏睡状態でした.そのままゆっくりと息を引き取りました.最後に「今まで本当にありがとう」と声をかけることが出来たのが,僕としてはよかったです.もちろん本人の耳に届いているかはわかりません.

昨晩がヤマでした.そのわりには昨晩,祖母はゆっくり眠っていたので,これならまだ大丈夫じゃないかとタカをくくっていました.実は僕はこういう親族の最後に関しては,常に虫の知らせを感じ取るタイプです.今まで全て感じ取っていました.ただ,祖母に関しては全く感じ取ることができませんでした.正直,まだまだ大丈夫かなと思っていた自分が情けないです.一番身近な家族の体調すら読み取ることができない自分が腹立たしいです.

本当に祖母とは仲が良かったのです.親族の集まりでは常に一緒にいたし,二人で頻繁に外食をしていました.僕の研究での功績を報告をすると,本当に心から喜んでくれました.最後の最後まで,研究科長賞受賞+卒業式での答辞に喜んでくれました.本当に3月24日の卒業式に来てくれるのではないか,祖母当人も参加するつもりでした.

本当に突然でした.修論発表の次の日,2月13日の夜なんて,一人でスタスタと歩いていたんです.目も輝いていたし,本当に卒業式に来ると信じていました.それが急にです.本当に一週間前あたりから,まるで別人に代わっていくがごとく,急激に容態が悪化しました.いつのまにか言葉が話せなくなっていたし,いつのまにか歩けなくなっていました.

明日,本当ならアメリカに学会へ経つ予定でした.しかし,明日,明後日と祖母の通夜,告別式があります.僕はどうすべきなのでしょうか?おそらく,多くの人がアメリカに行きなさいと言うと思います.僕もそれが正しいと思います.しかし,正直心の整理がつきません.通夜,告別式と参加しないと心の整理が二度とつくことはないのではないか,そうとすら感じます.どちらが正しいのか,今日中に答えを出さなくてはいけません.

うーん

2010/02/24 00:20
僕が留年していたときはおばあちゃんと二人で朝から晩までを過ごしていました.本当に母親代わりなんです.

末期のがんだと知ったのは確か9月か10月あたり.IBIS帰ってきてからだった気がします.そこら辺では調子に乗って学会に参加しまくっており,帰ってきたらいつの間にかおばあちゃんが病院で検査を受けたり,話が超特急のように進んでしまいました.兆候が今思うとなかったわけではなかったものの,全く気づいてあげられませんでした.

最近もそうです.つい一週間前までは寝たきりにはなりかけていたけど,ほぼ普通に話せるし,コミュニケーションもとれていました.今はもう言葉を発することができないほど筋力が低下し,体全体に水がたまっており,とても体を動かすことすらできません.この1週間は本当に怒涛のように時間が過ぎていきました.今思うと,ぼくはおばあちゃんの看病のストレスから逃れようと,様々なセミナーに参加したり,飲んだりしていて,一緒にすごすことを避けていたのかもしれません.自分が悲しいです.

ふー

2010/02/19 23:02
良いこと,悪いことのバランスと言うのが世の中は取れているなあ,と常日頃痛感いたします.

良いこと,これはかなり良いことなのですが研究科長賞に内定しました.修論発表,大分気合入れたからね.PRL通ってた人が同年代にいたらしいけど,今思うと全ては気合で吹き飛ばした,という感じですなあ...例年通りに行けば奨学金も何とか免除になるかもしれない,とのことらしいです.本当に免除になったら嬉しいです.うちは一般の家庭からみると想像以上に貧乏な仮定なので,家族にとっても非常に大きいニュースです.

悪いこと,これはかなり悪いことです.祖母が前々からもう治らない病気だったのですが,修論発表前あたりから容態が急変しました.さすがに14年一緒に暮らした祖母が苦しんでいる姿はしんどいです.心が壊れそうです.研究科長賞の報告ができたことがせめてもの孝行になっていればいいな,と思います.

とまあ,拾う神いれば捨てる神あり.本当にいい意味でも悪い意味でもバランスとれているよな,と感じる今日この頃です.

ぐは

2010/02/06 17:06
修論提出しました~.いやあ,結局最後まで統一感のない修論でしたなあ...

そんなことより,修論発表がドキドキです.先生も他の人には念入りに指導しますが,相変わらず僕は放置ですねえ...何か指導してください,と言ったら自信を持て,とだけ言われました.それでいいんかい.という気がします.

NC北海道の発表スライドをそのまま発表するつもりでしたが,全改変します.とにかくキャッチーな発表に,それでいてかつ中身が濃いものを.誰にも文句を言わせない内容で,会場をシーンとさせることを目標に発表してきます.

何せ奨学金免除と研究科長賞と総長賞かかってますからねえ.特に奨学金免除は家計にとって非常にクリティカルですよね.
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。