スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つきのふね

2008/06/30 01:05
 森絵都作品.これは著者が児童文学を書いていた頃の作品.
 中高生の心を見事に捉えている.不安で不安でたまらない思春期の気持ちが描かれている.
 いつも思うことだが,児童文学は大人こそ読むべき作品だと思う.
 たとえば,中高生特有の悩みがある.自分が自殺したらどうなるだろうというぼんやりとして悩みや,恋愛をして心がいたがゆくなる気持ち.学園祭や運動会をワクワクと待ち遠しく思う気持ち.その全てが大人になると欠けてくる.
 自分の力はこんなものであるという悪い妥協.夢などかなわないという強い思い込み.恋愛も無難な恋愛しかしない.何かを待ち遠しく思う気持ちなど一切なくなってしまう.面倒くさいで大方のことは片付けてしまう.
 子供を諭すこと,社会を支えることが大人の役割であるはずなのに,その大人は大切なものを失っている.大切なものを取り戻すためには童心に返ることが一つの手段だと思う.児童文学を読んで大切なものを取り戻したいものである.
スポンサーサイト

いつかパラソルの下で

2008/06/29 00:22
 森絵都作品.カラフルとはまたうってかわってとてもリアリスティックなおはなし.
 厳格な父親に育てられた兄妹たち.上2人は父親に反発し家を出て,一番下は父親に従い家に残っているという設定.父親がある日事故で亡くなってしまい,そこから父親がした浮気やがばれ,母親が病み,兄妹は反発を覚える.しかし,あそこまで厳格であった父親がなぜ浮気などするのか,その原因を探るため,父親の故郷へ三人が赴く.というストーリー.

 印象に残っているフレーズがある.「愛しても,愛しても,私自身はこの世界から愛されていないような,そんな気がどこかでしていた.受け入れても,受け入れても,私自身は受け入れられていない気がしていた.
…なべて生きるというのは元来,そういうことなのかもしれない」

 この言葉を聴いてジーンとした.まるで自らが思っていたことが代弁されたかのようでいて,答を与えてくれたかのように感じた.

 この言葉だけでもこの本を読む価値があったと思う.

なぜに

2008/06/28 00:35
 水曜日の8時30分からまわしたプログラム君が未だに終わらないと言うワナ.なぜだ.はやくおわってくれないと本格的に間に合わないのに.正直半分諦めモードではあるのだけど.ま,適当にやりますわ.

 一から学ぶ姿勢を忘れかけている気がする.初心わするべからず.

きらきらひかる

2008/06/25 00:24
 江国香織作品.同性愛者の夫を持つ夫婦のお話し.
 同性愛者の夫をもつ夫婦のお話と聞くと,お堅いマジメに同性愛について語る書かと思う方もいるかもしれないが,そうではない.とても中身は小説中の小説と言わんばかりの内容である.
 夫には愛人がいる.もちろん男であるが.その愛人を公認する妻.そして,さらにその愛人にいて欲しいとおもう妻.正直読んでいる時は理解に苦しんだが,もし自分がその妻の立場にたったら同じ気持ちになる気がする.自らが愛する人が同性愛者で愛人がいる.それならば確かに愛人にいてもらいたいと思うかもしれない.
 同性愛は全く理解できないが,この妻の思いは理解できる.はがゆい気持ちで読み進め,最終的にもまたもやもやした気持ちで読み終えた作品であった.

ふみゅふみゅ

2008/06/25 00:05
 プログラムが収束しないから帰ってきてもうた.でもさすがに5時間まわし続けて終わらなかったら帰ってきていいですよね?明日の朝には終わってるかなあ.昨日帰りがけにまわして今朝終わってなかった時は絶望しかけた.

 発火率推定おもろそう.今日は久々に感激した.

カラフル

2008/06/22 20:20
 森絵都作品.直木賞以前の作品に興味があったため,手にとってみた.
 内容は,いきなり天使が現れるという「なんじゃこれ」と思う設定.夢のない人は「こんな現実離れした内容興味ない」と思われるかもしれません.
 しかし,最初で読むのをやめてしまっては勿体無い.設定は現実離れしているかもしれないが,内容は学ばされるところがとても多い.なかでも,「他人だと思えるから好き勝手な行動ができるんだ」ということがとても身に染み渡った.だってそうでしょう.自分の体を操っているのは自分なわけです.自分の人生はとても可愛いからこそつい保守的な行動をとってしまったり,他人を傷つけてしまうのです.他人の人生だと思うことで,新たな自らの人生を見つめなおすことが出来るんじゃないと感じました.
 内容が子供じみているという批判は作者もおそらく甘受するでしょう.なにより児童文学出身ですからね.しかし,批判するなら読んでみてからにするべきである.何事も批判することは簡単であるが,よいところを素直に感じることの方が数万倍難しいものです.

永遠の途中

2008/06/22 20:13
 唯川恵作品.二人の主人公を軸に,女性の二通りの生き方を詳細に追った物語.
 かたや会社をやめて主婦になったもの,かたや会社に残り,挫折を味わいながらも独立して自らの会社をおこすもの.まるで正反対の生き方に見える両者の人生を追ったこの作品,女性の半生を味わえたかのように没頭できる.
 筆者が男であるためか,とても新鮮な感覚で読み進めることが出来た.やはり男は女のことは何年たってもわかるものではないと思う.友人であろう二人の女性が互いに嫉妬したり,むしろ自らが幸福であると思われたいとふるまう姿は人間味にあふれる一方で,男性には少し理解しがたい面もあるかもしれない.
 女性の半生を追ったこの作品.読み終えた今,ほんのわずかでも女性の気持ちがわかるようになったかな…と期待しています.

むずかしい

2008/06/18 22:37
 うーん,最近自分のことがよく見えない.将来どうなりたいのでしょうか.

 研究も楽しいんだけど,なんというか研究室の人間関係はおそろしく面倒くさい気もしてきた.別に誰が賢くて誰がアホとか正直どうでもいいんだよね.賢いねって言われるのは嬉しい気もするけど,じゃあノーベル賞とれるの?って言われると誰も取れるようなことはしてない気がする.賢いって何?って感じる.色んな学部出身の人が多いから,自分の興味ないところまでつっこんで考えられるのが重いのかな?本質を捉えている質問とか疑問は乗っかりたいけど,捉えていないのが多いからつまらんと感じるのだろうか.とにかく最近はめんどくさがりやです.

 病んでるわけではないのですが,どうなんでしょうか.やる気はあるが,よくわからん状況です.

あーあ

2008/06/17 00:55
 やること多すぎて結構しんどいかもしれません.
 6月中に論文で出せる形体まで仕上げてくださいとの指令が下りました.大丈夫かなあ?ゼミの準備とかかなりしんどいんですが…6月は相当しんどいものになりそうです.ついでにJNNSに投稿しなきゃだし,しんどいかも.

 誰しもが想像ついてるかもしれませんが,4月からM1になった教育学部出身者が物理で書ける論文なんてたかが知れてますよね.ちょう簡単です.でも意外と奥が深そうなのがこれまたおもろいところ.がんばります.

うぬ

2008/06/14 12:06
 研究会のために名古屋へ行ってましたわ.視覚,注意の研究は面白いんだけど,みなさんループにはまってるような研究がおおいです.

 がんばっても結果がでないことは多々ある.結果がでないと人にはがんばったことが伝わらないかもしれないけど,がんばったことが自分自身の自信につながると思う.そこで得た自信は何事にも変えがたいものなので,もっと自信を持てばいいのに,と思う.

にょへ

2008/06/07 23:25
 最近はのんびりお勉強してる感じです.再来週の月曜日に共同研究者らしき方がいらっしゃるので,そのときに僕は新しいテーマを提案しないといけないらしいです.無理ですけどね.一応テーマを捻出しようと頑張っています.

 今日は初めて合コンとやらに参加しました.いや,ちゃんと彼女に報告してから行きましたが.今まで断ってきたのに何で今更行ったん?と聞かれると困りますが.うーん,楽しいんだけど…って感じですよね.正直そこまで欲しないわ.人種が違うって感じますねえ.
 結局普通に暮らしていて知り合う人々は何かしらの共通点があるんですよね.大学やら部活やら.やっぱり同じコミュニティにいる人しかわからない何かってたくさんある気がしますわ.合コンより親しい友達から紹介してもらう方がいいわ.

ふげ

2008/06/01 22:28
 学会発表という一つの目標は達しました.ただし,今してはいけないのは,浮かれること.そして現段階では,研究内容は現象としては面白いけど,現実では意味がないことを自覚すること.

 では何のために発表するのか,またこのテーマを研究するのか.ひとつは学振のため.これで二つ目の実績になるので,数は稼げるし,実績は研究内容の説明に説得力を与える.つまり,少なくとも学振に通る確率は上がるわけです.もう一つ,むしろ主目的なのはOJT.座学で学ぶより研究として取り組むほうが遥かに効率が高い.数値計算もモンテカルロも学べたし,同時に研究とはどのように進めるかもおぼろげながらわかった.これはえらい収穫です.

 最後に自分の実力はまだまだなことを念頭において,精進していかないといけないことも自覚します.

ふげ

2008/06/01 00:02
 物理学会決定.9月に岩手.口頭発表10分,質疑応答5分らしい.おそろしい.内容はそんなに濃くないので,なんとかノリで誤魔化そう.つっても内容は面白いんだけどね.

 そして今日は入試説明会だった.おかだ研は大人気だった.今日ふくざつ理工の説明会に来た40%の人がおかだ研のみ見て帰っていった.でも去年はおれ含めて8時とかまで残ってた人もいるから,今年は穏やかそうです.でも東大組は今日は来ていなかったので,さてどうなることやら.優秀な後輩が集まるといいですなあ.
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。