スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強敵だ

2007/04/29 21:45
 相対空間が小ボスとして立ちはだかっている(ような気がする)キルヒホッフとか集合論用いるとこうなっちまうのかい。って感じです。いや、数学すごいなあ。スメールかハーシュの新刊は簡単だそうで。そっちも読みたいね。これはかなり数学書だ。多分。面白いけど。

 とりあえず一日1セクションとしてあと二週間くらいで終わるな。そろそろ次のことにチャレンジだな。

 てか神経科学少しはやれよと自分でも思う。というわけで今日アマゾンにてコンピュテーショナルな神経科学テキストを購入。がっちり読むかー。

 てか工学部の講義履修ミスったっぽいな。まあ、いいや。合原せんせいも神崎せんせいもつわものだから聞くだけでも価値あるわ。来年ものぶやっちに交じって工学部の院生の講義受けるかー。
スポンサーサイト

うげ

2007/04/28 21:22
 力学系入門。ほぼ一ヶ月かけても240ページくらいしかすすんどらん。。よねDさんは350ページくらいボリュームだったら1年くらいかかるといっておった。やっぱり一ヶ月で終わらせるのは無謀だったみたいだ。

 なにより、進めすぎると理解が出来ない。(ほぼ)数学家用の本だけあって手強いのう。こんな本ばっかり読んでるたろうとかよねDさんとか偉いと思うわ。わかってるつもりでもあくまで実践的にわかってるだけで、未だに一意性の証明とか読む気にならないのう。いちおう展開とかにはついていけるようになってきてる気がする。

 でも集合論はイマイチわかってない気がする。開集合とか閉集合とか稠密とか。定義しかわからん。概念もわかってるんだけど、いざ説明しろと言われたらごまかす気がする。

 とりあえずカオスと時系列勉強したい。たけださんがやってる脳波時系列信号の分離とか面白そうではあるな。まあまあ興味はある。いまのところ一番興味があるな。

 三次元のリーチング面白いとは思うんだけど、実験系の設定がとにかく難しい気がするな。イメージングと絡めれば何かわかるかもだけどな。正直、霊長類でも三次元の回転外乱を学習できるか危ないと思う。いや、でも出来なければ出来ないで面白いな。実は人間が対応できる外乱は2×2で表現できる行列変換のみである。とか。そうすると自ずと複素数表現が脳に組み込まれてたっていうことになるのか?だとしたらガウスはすげえなあ。

 あー最近微分方程式と格闘しすぎてるからこんな感じの日記しかかけません。ごめんなさい。個人的にはすごい楽しんでますわ。

オリエント急行殺人事件

2007/04/26 23:23
 アガサクリスティの代表作。まさしく戦慄。

 正直、読んでいる途中で結末が見えた。そのような場合、大体は興ざめして読み飛ばしてしまうことが多いのだがこの作品は違う。結末は見えた。しかし、その裏を更にとられるポアロの推理が繰り広げられたからだ。まさか、そこまで輪が広がってたとわ。という感想。私の推理の甘さをまざまざと見せ付けられた気がしました。完敗です。

 こいつは是非是非読んでください。推理小説なんて。。と思っている人に特に読んで欲しい。必ずあなたの心を捉えてはなさないでしょう。

ABC殺人事件

2007/04/26 23:19
 アガサクリスティの有名な小説。コナンとかのネタになるくらい有名な小説。

 出版された当時は衝撃を与えただろう。この内容はある意味現代の混沌とした現代社会を反映しているかのようだ。金のために人を殺す。そのような事件が蔓延しているこの世の中。それを80年前くらいに予想していたかのようだ。

 殺人という理不尽さに更なる理不尽さを乗じた事件。さすが代表作の一つといわれるだけはある。個人的には好みではないけども。

なんで

2007/04/26 21:54
 塾で教えていて思うんだけど、何でこいつら塾来てるんだろう?とかなんでこやつら大学行きたいんだろう?とか思う。何かいいことあるのかな??と思ったり。自分も四年間遊んでしかなかったから人の事いえないんだけどね。お金のために働くのは心が痛むわ。塾来ないで就活しな。って高校生に言ってあげたい。

 力学系入門ようやく門戸を開けたような気がする。リャプノフ関数と大格闘。ラグラジアンとかここから来たのか?とにかくリャプノフさんはこの安定性理論を博士論文で発表したそうです。すげえなあリャプノフ。負けてらんねえぜい。といっても若干はたけが違うので勝負にならんが。

ぬあ

2007/04/25 22:11
 北澤ゼミに参加。やっぱりお医者さんの意見も貴重だな。例えモデルを完璧に作っても、生理学的な実験データがないとあんまし意味ない。みたいな立場のようだ。いや、確かにその立場も重要だと思う。

 うーん。モデル完璧ならいいじゃん。と思うのはあくまで機械屋さんなんかな。今のところおいらはその中間的な立場であるけども。数理的にかつ生理学的に。臨床的でありかつメカニカルに。それらは対立概念であるか否か。でも、例え対立概念であろうとも交わる点はあると思うんだよね。きっと。その点を生かせていけたらいいなと思う。

つかれたー

2007/04/21 16:23
 久しぶりにグラウンドに赴く。久しぶりに走る。久しぶりにけつがわれる。腰が痛くなる。眠くなる。などなど。ハードルジャンプするんじゃなかった。腰がいちゃい。

 よねDさんが力学系専門だったとは意外だ。意外というか、予期せぬ喜びだ。身近に享受できる人がいるわー。よかったー。今日もちょっとしか数学話聞けなかったけど、個人的にはtipsだった。測度論面白そうだなあ。うちのフィールドでも使えそうだなあ。ぐふ。

 久しぶりに走ったので間違いなく今日は快眠です。院K43秒台目指してくんろ。いや、3人は大丈夫だからあと1人の分を埋めるべくして頑張ってもらいたい。

ぬへ

2007/04/20 22:47
 稠密ってなんだー?生成的ってなんだー?で70%程度の理解しか得られず今日は終了。うぬ。初対面の相手は手ごわく見えてしまうものだ。

 今日は一限工学部。三限に理論生理。そして研究ミーティング。山本せんせのすごさがわかってくる。いや。すごいな、ありゃ。倒すと言うか肩を並べられるだけの存在になっていこう。

 視覚面白いな。サッケードモデルなんて面白そうだ。これが出来ると、やっぱりロボティクスへの応用が主かな。もしかしたら目がよくなる(と思わせる)薬剤にもいけそうかな。ただ、脳に作用させなきゃだから危ないとは思うけど。実は走りなどのスポーツも視覚が第一に必要だと思うんだよな。盲目の人がそこまでタイムが出ないのにもわけがあると思うんだよね。視覚の情報によるモーターコントロールは必ずある。と信じている。姿勢調節なんか特に影響大。

 というわけで卒論は視覚でいこうか。学習でいこうか。もしくは解析的にいくか。方向は絞れた。

ふうー

2007/04/19 22:27
 今日は野崎先生のマニピュレーターの完成披露会。いや、さすがだ。発想が違う。パンピーとはかくが違う。本当に面白いなあ。また結果がどうなるんだろうか。と思わせる環境の設定ですわ。
 奇抜さや発想の新鮮さは負けたくないから頑張ろう。卒論に使わせてもらおうかしら。

 バイト。しんど。がきんちょどもの相手はしんどい。最近の高校生はますますひどくなってる気がするわ。いい子達なんだけど、自分一人で生きていく力はなさげな子達だ。かわいそうに。なんで勉強してるんだろう?大学行ってもしょうがないと思うんだけどなあ。大学は行かないと。みたいな目でみる世間一般庶民が多いからなんだろうけど、違うと思うわ。そんなこたちに勉強教えるなんて時間の無駄だとは思うんだけど、生活していくためには仕方ない。なんて不合理な社会なんだろうか。

うーぬ

2007/04/18 22:36
 練習しようかなと思うと雨がふるという事実。どうやらお天道様はおいらに練習して欲しくなさそうなのでしませぬ。でもなあああ。やっぱり感覚的にいい動きってのがわからないと突き詰めていく気がしないから、運動はしたいですなあああ。

 ようやく線形代数を切り抜けて、本格的なダイナミカルシステムに入りそうな予感が。。切り抜けたと言うかかわしたというか。。ジョルダン標準形やら冪零標準形やら実標準形やらと大分格闘したわい。線形代数は深い。カーネルの重要さはここにありけりか?

 スポーツ解析は考えるだけでも頭が痛くなるわ。いまの知識じゃある程度までしかわからんわ。最近主動筋やら拮抗筋やらの存在が怪しいと思うんですが。それってあくまで解剖学的なもので神経科学から見るとまた別の観点から見えてこないかなあ。実は膝を伸ばすのは四頭筋が収縮するんじゃなくて、股関節の伸展を妨げるように屈曲トルクが働き、その分解成分が原因じゃないかとか。
 何かじぶんの考えサブノートみたいになってきたなあ。まあ、いいや。

うが

2007/04/15 22:44
 今日は靴をとりに駒場による。おざわくんとかなべりんとかゆういちろうがおった。皆はやくなったり、すごくなったりしてるんだねえ。ゲジとかたにくんとかびっくらこいた。無理せず頑張って欲しい。

 最近、ずっと考えてることがあるんです。ハムストリングと四頭筋の機能について。ハムは股関節の伸展と膝関節の屈曲に関与してる。ってのが一般論。ということは、スプリントでも股関節伸展と膝屈曲を同時に行えばいいいのかい?と考えてみたんですけど、そりゃまた変な動作になりますわな。よくわからないのです。

 多分、陸上に応用するには、膝関節の動きを極力少なくする方がいいのでは?という仮説を持ちました。要は足を一本の棒のように動かす方がいいのでは?ということです。しかし、セグメントが長いと動かしにくい。つまり、股関節屈曲時に慣性モーメントが高くなりますんで、思ったように膝があがらない。そうするとピッチがあがらない。ストライドも伸びない。そりゃ速く走れんわ。ってことになる。

 よくわかりません。多分、筋トレうんぬんではないと思います。股関節動作にのみ関わる下肢筋の強さがかかわるのかな。誰か考えて。あ、そうそう。よく踵から着地しろ。っていいますけど多分あれは多くの人にとっては当てはまらないと思います。多分ね。勘だけど。

 今は三次元解析もちゃくちゃくと進歩しているので、三次元で走動作を解析すると何か見えると思います。でも、残念ながらぼくちんの興味が向くところではないので、スポーツバイメカの進歩を待つしかありませんな。ニューロサイエンスとの合流が見えたら手を出します。10年くらい待ってくれたら理想のフォームが解るかもしれません。

うんが

2007/04/13 22:14
 S+N分解ってなんだこりゃ。
 と思ってたけど、意外と簡単だ。
 いや、一意性とかは知らないけど。まだ読む気にならん。
 ツールとしては最高ですな。

 線形代数バンザイって感じになる。

だよなー

2007/04/13 20:48
 今日は一限から工学部へ。のぶやっちがおった。久しぶりだー。そいや俺陸上部だったんだなあ。って思った。まあ、もちながが傍にいるからいつも思わされてますが。てらしいすげえなあ。

 一限の工学部の講義に感動した。神崎先生すげえ。てか、脳の研究はここまできてたとは。脳というよりゲノム研究の進歩に驚きだ。そろそろ倫理の目が厳しくなりそうだねえ。

 Mathematicaで確率のお勉強。やっぱりすごいや。Mathematica。坂田サイトのやつは使い方がわかんないよん。

 そんなこんなでバイメカはいいや。って気がした。相互作用トルクに対するモヤモヤを山本先生が晴らしてくれた。現象論でしょ?っていうつっこみ。そうだ。俺もそれを考えていたのだ。みたいな。言葉にしてくれてスッキリ。

夜の

2007/04/11 22:19
 夜の講義ですた。夜といっても、6~7時40分までだけども。大学院のゼミみたいなものですが、やっぱりすごい先生は大勢いらっしゃるもんだ。北澤先生は実験家兼理論家っぽいな。やや実験家っぽいけども。いいなあ。俺の目指すべき目標だ。

 視覚のモデルでいいのが思いつきそうな予感がする。予感は予感か?何も感じないよりましだろう。今日はヨガを一人でやってたら吐きかけた。目眩もしたぞ。女性用のヨガ本なはずなのになあ。弱っている今日この頃。

うんが

2007/04/10 22:59
 今日は一限は工学部の講義。ニューラルネット。合原先生はすごい人だなあ。しっかり話きいとこ。そいや工学部館でうざきくんとでかぶつに会いました。そいや俺陸上部だったんだ。って久しぶりに思いました。量子力学なんて独学で充分だから、こっちの講義聞きなよって感じです。

 そのあとMathematicaと格闘。動かすの初めて。三次元バネのポテンシャルエネルギーシミュレーションを調子にのって、スケールとピクセル(?)をかなり高い値にしたらフリーズしてしもた。しかも計算機システムので動かしててメモリが一発でまんぱんになるわで一人でテンパッてた。マック使い方わからない。

 そのあと医学部の講義。医学部っていうか、医学研究科。要は大学院。聴講だけど。おもしろいよん。てかすごいなあ。脳のイメージングなんて大したことねえだろ。みたいに思ってたけど、こんなにすごいものとは。恐るべし。むしろスムージングなんてしないほうが奥がふかい。というか、人間の脳はおそろしく奥が深い。深すぎて奥は見えるのだろうか。

 とりあえず卒論で出来るかわからないけど、運動学習モデルの新たな一端を思いついた。坂井先生の予想が正しいとすると、新しいのちょっと提唱できるかも。そのまえにリャプノフ学ばなきゃね。

なんだか

2007/04/09 08:37
 キャラが変わってしまったのかどうかは知らないけど、人をだますこととか嘘つくことは向いてないんだなー。と実感した日。
 前に嘘を白状することは、心の重荷を減らしたいだけの自己マンだみたいなことを書いてあった本があったが、心に重荷を抱えたくないだけなんだろうか。

 いや、でも言いたい事をすべて言っているわけでもないな。言い過ぎると多分ひかれるのでほどほどにしときます。

 てか走ってないなあ。かれこれ二週間たってしもうた。まずはヨガから始めよう。

数学

2007/04/07 22:28
 恐ろしい。むずい。面白いけど。
 今日は一様ノルム(作用素ノルム)と激闘。
 強い。
 てか倒せてない。
 なんだろ。抽象的な概念はわかったんだけど、具体的な例に当てはめるとさっぱりだ。というか合ってると思うんだけど、いかんせんこの教科書問題の解答ないから自信ない。
 あー。疲れたよん。
 走らなきゃ走らなきゃ。と思いつつ走る気がしない今日この頃。農Gで練習してみるか。

工学部の

2007/04/06 23:11
 工学部の講義に乗り込んできました。ところがどっこい。休講かい。サブウェイがあるとか驚きだ。次は火曜日にニューラルネットの講義に参加の予定。来学期はかにさんの指導教官の楠岡先生の確率論受けるぞー。と宣言しておく。

 今日は理論生理。ロジスティック写像とか決定論的カオスとかさわりもさわりだけやったけど、何だか感動するねえ。一昨年は何もわかってなかったんだなあ。と思う。今も特別わかってるわけじゃないけど。

 最近自分の本棚を見るごとに何がやりたいんだこいつ。と思わせる本がずらり。教育学部らしき本は大抵物置行きです。こんなんでいいのかなあ。ちょっとは教育学部らしいこともしたいようなしたくないような。

なんだか

2007/04/05 20:10
 二年ぶりに山本せんせの教育生理学を受けてみた。二年前は何がなんだかわからなかったのが、目からウロコ情報だったことに気付く。数理生理と生理学の中間くらい。おもろい。

 今日は生協の更新やら図書館やらで無駄時間を過ごした気がする。でもまあ、大体テキストやらは揃ってきたから、あとはがっちし勉強せな。

 確かにゲノムのこと知らずにいるのは半理系人としてちょっと悲しいなあ。余裕が出来たら細胞レベル、遺伝子レベルも勉強したいよう。

なつかしの

2007/04/04 17:45
 コンパクトやら開集合やら閉集合やら有界やらコーシー列やら(順不同)と久しぶりに遭遇した。なつかしいのう。一年生の時とか本当に何がなんだかわからなかった。っていうかわかろうとしなかったことたちだが、さわりの部分をやってみると良く出来てるなあと感心するわ。キレイにまとまってますなあ。ちゃんと勉強しろよと昔の自分に言いたい。

 半分趣味みたいなこんな勉強ばっかりでいいか知らないけど、明日から講義だー。生理学だー。今学期は生理学を学ぶかー。ニューラルネットワークとかどうしようかなあ。さすがに厳しいかなあ。初回だけ参加させてもらって考えよう。

 TOEFLって高いなあ。もし受けるんなら死ぬきで受けないとお金がもったいないわ。TOEFLでも受けないと英語勉強しなさそうなので、受けてみようかと思います。英語の教科書読んでるだけじゃ書けるようにはならんわ。

線形代数

2007/04/03 23:27
 強いわあ。なめてた。教養で学んだ線形代数なんてスタート地点もいいところだな。あんなの得意とか言ってた自分がはずい。でも基本は一緒だからしっかりやれば大丈夫そうだ。佐武先生か斉藤先生の線形代数学の入門書?欲しい。佐武先生のやつだな。数学選書ってやつ。内容はコアだけど面白そうじゃ。

 そんなことよりも大学院色々受けてみて考えようかと思いますた。身体教育行きたいけど、さすがに一発だけだと恐いからのう。なんたって保健分野の知識が皆無だからなあ。ヘルスプロモーションってなんだ?自分の学科の知識くらい持ってろよって感じだな。dynamical systemとかはまってる場合じゃないな。でも面白いことに人間つっぱしっちゃいますよねえ。院試対策は八月からします。

ぐへ

2007/04/02 11:41
 四月だー。昨日から四月だー。そろそろ講義も始まるなー。医学部の講義一つ聴講に行きますよー。本当は数学科の確率論も聞きたいんだけど、抹殺されそうな気がするから自粛。来年度行く事を目標に確率論がむばろう。

 今日はホントだったら入社式だった日ですな。ここまで人生狂うとは予想だにしなかったけど、無難に生きるよりわくわく生きるほうがよっぽどボケない気がするのでよかとです。てか狂わせたのは自分か。いいや、別に。

 そろそろ走り始めないと東京選手権間に合わないよう。週二日は練習したいですわな。

ぐへ

2007/04/01 17:59
四月だー。
別に何も去年とかわらないぜえ。しいて言うなら就活してない、部活してないくらいだ。いや、この二つは結構大きなウエイトを占めてた気もするなあ。

最近はdynamical systemに集中。線形代数きちんとやっておけばよかった。カーネル(おじさん)とか懐かしすぎだ。

制御も古典は終わりそうだからMAT使って設計しつつ現代理論に以降。がむばろう。
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。