FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どないしましょう

2007/02/25 19:29
 明日から旅行に旅立ちます。一週間ほど。日本を離れてきます。ヨーロッパの方が、洋書(English)安かったりしないかな。
 昨日、部活帰りにキソキソとブックファーストに立ち寄る。生理学の教科書見たけど、色々あるなあ。そして大体どれも高い。
 どれがいいんだろう?標準生理学は版を増すごとに分厚くなってるのかしら?野崎先生の4版は1100ページはなかった気がするんだが。。というか、標準生理学ほどの厳密さが必要なのかなあ。うーむ。難しい。
 今日で、脳の計算理論という川人先生の本を読破。まだ理解度は30%~40%だけど。多分。おもしろいのう。新しい知見が増えていくのって面白いことだと思う。理由はわからないが。
 視覚は面白そう。でも、なんとなく面白そうな事項を発見できた。人の動作を見ると、その動作を制御する脳の部分が活動するらしい。自分で動かずとも、脳は動く。これって何かしらリハに応用できないだろうか。なんて、もう考えられていることなんだろうけど。興味がわいてきた。
スポンサーサイト

あー

2007/02/23 23:27
 しんど。新バイト週三から週二に変更。いや、もうさっさと週0にしたい。かてきょか個別指導さがそう。個別だいすき。時給安いけど。

 意味もなくマクスウェルを勉強してみる。こんな簡単だったけか?と思う。なんでこんなのわからなかったんだろう。なさけない。次はシュレーディンガーか熱力か統計力学だ。いや、意味はないんだが。趣味です。

 ロボットが人間と同じになったらどんな世界になるんだろう?というのがPRUTOで描かれていますな。人間を殺すのは欠陥ロボットなのか、それとも完全に人間になったロボットなのか。考えると面白いね。哲学って素敵な分野だ。
 哲学的に見ると、心脳二元論なんですかね。心と脳は別だ、という立場なのかな。それまた面白い。ただ、科学者は一元論だと信じて疑わないわけです。だから、おれみたいなちっぽけなのも含め、脳を解明しようとしてるんですな。
 ただ、仮に一元論だとすると不思議だ。なぜなら心を持つ脳が、自らを解明することを望むから。自分を解明して。って語りかけている。
 ということは、解明することにより何かしらの進化が生まれるんじゃないだろうか。進化に必要でないことは、進化の過程で消えていく。きっと脳科学が衰退していないこと自体、脳の一元論を支持する一つの事柄なんだ。

 こんな議論をWEB上でするなんて、よっぽど疲れてるんですな、自分。

だ、だれかー

2007/02/22 23:48
標準生理学って教科書廉価でうってくれるひといないかなー。
個人的には、やまだくんあたりが第六版を購入して、第五版がいらなくなってたりしないかなー。と期待。

いい人だー

2007/02/22 22:33
今日は、本郷で先生とお話。
色々疑問に答えていただいたし、さらにはアドバイスもしてくださった。
ありがたやーありがたやー。

大学院は、やっぱり教育学部のがいいみたいだ。
fMRIも使いたかったら使えるみたいだし、リハセンとのつながりは強いみたいだ。将来、リハセンにいって大学に戻ってきたいなあ。

でも、せっかく数学勉強してるし、ためしに新領域も受けるかなあ。簡単すぎるかなあ。やっぱり数理情報を受けるかなあ。でも数値計算がなああああ。

学問の定義がイマイチわからないけど、新しいことを知るのは楽しい。
最近思う。
あのまま就職していたら、こんなスバラシイ領域に触れることなく社会に出てたんだなって。そんなのは絶対にイヤだなあ、と今になって思う。よく決意した、あのときの自分。
数学とか解析力学は使わないらしい。ちょっと不満だが、趣味でいいや。数学といっても、ぼくがすきなのは物理数学なのですが。まだ理学部数学みたいな、厳密すぎるのは好きになれない。

決断は難しい

2007/02/21 20:21
 第二の難関。どこの大学院に行くか。ある意味、就職やめるより決断が難しい。
 脳の解明がしたいなら、情報理工の数理情報が一番よさげ。数値解析やってない俺が挑むにはきついかもしれないが。試験受かるだけなら、簡単だからなんとかなる。
 ただ、何かが物足りない。脳を数理的な手法で記述できたから、なんなんだ。むしろ人知を超えた脳を、人が生み出した数理なんかで解き明かせるのか?と思う。
 そうすると、教育学部で人間と照らし合わせるかだ。細かいところまでわからなくても、学問を追求した結果、人の役にたてるなんてある意味スバラシイ。
 ただ、工学部と教育学部は就職先のうけがちがう。就職する気はないが、たとえば、助手や助教授のステップとして研究所に行くとする。それなら、工学部が圧倒的有利。

 どっちがワクワクするかなあ。。どっちもワクワクするんだが。そういう場合はどうやって決めるんだろうか。
 あした、先生に相談しに行こう。

うーん

2007/02/17 22:43
 今日は100*2やりました。一週間ぶりの練習。最近練習できてなくて悲しい。キソキソに5連勝中です。久しぶりに皆と走りたい気もする。衰えたのが目に見えてわかるだろうけど。
 以下は、個人的なサブノートみたいなもんなので、読みたかったら、読んでください。大学院への悩みです。

 何かが、違う。自分のやりたいことはっきりしている人は凄いと思う。
 今のところは、脳科学専攻で決定。そのなかでも、えらばないかん選択肢は二つ。
 
 1、ロボか人間か。
 2、実験派か理論派か。

 むずい。1に関しては、ロボの方が圧倒的にイージー。けれども、イージーな分、達成した結果もたかが知れてる。人間の脳は、少なくとも俺が生きてる間に解き明かされないと思う。ただし、運動機能やらで困ってる人々を、助けられるくらいの解明は可能だと思う。

 2に関して。明らかに、おいらは理論派よりです。ただ、実験系もまる投げするのは嫌い。だから、中間に位置して、かつ理論よりの立場がいい。

 総合すると、新領域の工学部複雑理工学専攻か、駒場の広域システム。もしくは、このまま教育。なんか、まとまりのない三択のようですが、一応脳科学という大枠でくくられます。前二つは複雑系(カオス)。教育は…しらん。ニューロサイエンスに近くなるのかな。モーターだけだけど、神経系好きなおいらとしては、魅力。
 この前、教育の院生の方に相談したら、色々親切に教えてくれたし、いい人多いんだよねえ。教育いいなとも思うし。こまったこまった。

やはり

2007/02/16 08:18
 二つのバイトを週三でやるのは、結構しんどい。でも、結構好きなんだなと思う。学習相談とか、問題解くのとか。
 中学の数学って、なんだかつまんないような面白いような。結局補助線とか、答えの知ってる大人が生み出したものなきがする。特に、難問とかいわれてるのは、明らかなこじつけがあるわけだし。大人が数学をつまらなくしてるんだね。

 昨日は野崎さん論文会。愚かにも、先生方や博士生の前で発言してしまった。緊張したけど、皆真剣に聞いてくれた。内容もflash-lag-illusionってやつで、100%起こるillusionの話で面白かった。100%のイリュージョンって、すごくないですかねえ?何かしらの脳機能解明につながる予感。そのイリュージョンに基づいて、最近はやりの、postdirectionの話に繋がる論文でした。postdictionは,predictionの反対の意味の造語です。

感動

2007/02/14 11:50
やまだくんページにあるリンクに感動。
解剖学と医学英語のページをブックマークしましたわー。
いやー、すごいすごい。やっぱり来学期解剖やってみようかなあ。出来るかしらないけど。迷い中。すごいページだ。tipsたくさん。
俺からやまだくんにギブするものが見つかりませんよ~。ゴメンなさい。勉強不足ですたい。

医学系と工学系の融合点を探っていくと、結局ロボに行き着く気がするんだよなあ。…。うーん。でも、俺のやりたいところは人の機能に関する事だし。何かしらの折衷点があればいいんですがねえ。。

新領域の複雑理工は、何だかワクワクするから、説明会とかでコンタクトとろうかなあ。

今日は

2007/02/13 21:46
 卒論発表を遅刻して聞きにいった。
 山本先生いいこというなあ、と思った。
 始めに結論ありき。
 都合のいい情報のみ使う。
 …あと一つなんだっけ?
 とにかく、それらは科学とは言わない。
 という意味だった。
 そりゃそうだ。
 皆の卒論は、意外に良かったり、意外にダメだったり。皆が卒業していくのは淋しい。
 しゅんの途中から聞いてたけど、よっしーと、たかおみがまともだった気がする。他は何してるのか意味ぷーですな。
 神経科学の世界もそうだけど、統計にやたら凝る人が多い。正直、そんなのはどうでもいいと思う。数理統計学は美しいけど、統計をむやみに使うのは結構醜いなあ。と感じる。
 来年どんな卒論するかなあ。学習時の脳波を、たたみ込みやH-Heq.使って何か出来ないかのう。
 
 今日はやまだくんとバッタリ出会う。レベルの呼吸器と神経系なんて面白そうだなあ。放射線科のことはよくわからないけど、やりたいこと絞れるのはすごいなと思う。

大学院って

2007/02/12 22:43
どうやって決めるんですか??誰か教えてくれ~

今のところ、無難に本郷で過ごすか。
駒場で無難に落ち着くか。
新領域の複雑理工で、カオスに突っ走るか。
医学研究科でメモリーをやるか。
情報理工でロボに突っ走るか。
だ。

わからん。ちょっと複雑理工が面白そうだ。
入試問題も、簡単だしなあ。どうしよう。

銀河鉄道の夜

2007/02/09 22:02
宮沢賢治作品。
more...

たまには

2007/02/08 22:18
陸上に役立ちそうな、役立たなさそうなことでも書いてみたいもんだ。

俺の師事している先生の論文から。
アーム制御の話かつ、まだ単関節運動の話です。なので、走運動なぞという超がつくほどの高等な、高尚な動作に適合するかは謎です。

話を戻して。
右腕のみ動かす脳の働きと、両腕を同時に動かす脳の働きは違う。という話です。正確にいうと、脳の働きではないのかもしれないが、いいたいことは、両腕動かす練習と、片腕のみ動かす練習では得られる成果が違うというのです。

面白くないですか?面白くないぜえ、と思うのが多分正常な人間です。

まあ、いいや。

何が言いたいかというと、例えばもも上げ。これって、右足を上げて、左足を上げて。っていう風に片足ずつの動作として、皆さん行ってると思うんです。
そこで、右足を上げると同時に、左足も下ろす。左足を上げると同時に。右足を下ろす。そういう意識で行うと、また得られる効果が違うんじゃないか?ということが、先生の実験結果から推察されます。

試してみてください。ただ、問題点もあって、両側性の神経支配のために、両足を意識した時の出力は、片足のそれよりは劣ります。なので、それを脳にやきつけると問題発生ですので、両足意識と片足意識の両方行うことが望ましいと思います。

興味があったら試してみてちょ。うーん、これ卒論程度なら使えそうなテーマだなあ。でも卒論は制御か学習の計算論的なもので行きたいしのう。まあ、よくわからん。

三毛猫ホームズの戦争と平和

2007/02/07 09:11
赤川次郎作品。ホームズシリーズ。
more...

舞姫

2007/02/07 09:09
森鴎外作品。
more...

駒場の

2007/02/03 20:55
修論聞きに行こうと思ったら、昨日だったみたいだ。結構ショックを隠せない。うーん、大学院決める大きな材料だったのに。でもまあ、図書館に修論置いてあるみたいだから、それ読もう。

うーん。迷いますなあ。やっぱり、本郷で決まりかなー。のざきさんについていって間違いはない気がするんだが。。わからん。複雑系も興味あるけど、あくまでそれはサブだと思うしなあ。

姑獲鳥の夏

2007/02/02 13:08
京極夏彦作品。スゴイボリューム。
more...

真珠色のコーヒーカップ

2007/02/02 13:04
赤川次郎作品。
more...

初体験

2007/02/01 23:16
今日は色んな初体験をした。
午前中は大学院の講義に出席。野崎さんに誘われたのはよかったんだけど。。俺以外は全員博士の人達ってオチ。なにそれって感じ。論文読むだけなんだけど、内容理解するのでアップアップ。みなさんみたいにつっこみも思いつかないし、改善点なんざ尚更。実験方法にいちゃもんつけるのでいっぱいいっぱいです。でも、これから頑張ろう。とりあえず統計必要だと思った。ベイズやるか。

で、バイト始まり。研修つまんねー。お腹すくし、10時までは義務だし。でも、いい人達だし、やってることホントに面白そうだし、半年は頑張ろうと思う。
 Home 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。