FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議の国のアリス

2006/05/31 22:03
ルイスキャロル著

ハンプティダンプティは鏡の国だったかなあ。

チェシャ猫登場。
more...
スポンサーサイト

2006/05/31 00:58
「自分を例えるならバトン」

<概要>
タイトルそのまんま。

  

<質問>
・自分を色に例えると?
・自分を動物に例えると?
・自分を好きなキャラに例えると?
・自分を食べ物に例えると?
・次に回す5人を色で例えると?

バトンとか言っといて勝手に一人でやります。見た人やって下さい。
more...

ようやく

2006/05/31 00:43
 合練出来る程度までは回復…??今の調子は60%といったとこだろうか。やっぱり坂苦手。
 今日気づいた事。うざきくんとか、にせだくんとかと走るとやる気が出る。二人とも似たキャラだからだろうか。それ以外と走るとやたら疲労感が先行する。なぜだ。坂100もたなかった自分が情けナス。
 というのもやっぱり寝不足が原因だったり。
 昨日は2時と3時と5時と8時に目が覚める。ねぶい。
 というのも今日結果の電話が来る予定だったから。

 こねー。とか待ってたら2時ごろようやく電話が。
 次実質最終。今のところ30/1200くらいだろうか。
 こっから10/30になれればいい。でも、それが難しい。特にこの業界は最終がむずい。こっからは発想力と熱意の勝負。決まったら飲み会か。短距離資金で。

凍える牙

2006/05/30 15:29
乃南アサ作品。

推理小説ではない。かといってサスペンスでもない。

直木賞作品って容疑者Xもそうであったが、社会性重視なのだろう。
more...

とりあえず

2006/05/29 21:07
 最難関の筆記は通ってた。talbyのデザイナーとか有名なのかなあ。。俺AUじゃないし。でも、ボッテガヴェネタのデザイナーはわかったぞ。蝶野がノアじゃないこともなんかわかったぞ。本当に合ってるのかはしらんが。

 あー。でも、まあ8,000人から100人に残ったまでで。いや、普通の民間ならこの倍率で受かるわけだが。これがあと6人程までしぼられる。こっからが本番だ。半分諦めてたから雑誌買ってねえし読んでないや。やば。

 で、今日は練習してきますた。とりあえず150を一本走ってみたら限界まで追い込まれたので、あとDNS。戻らないのう。今日はナンバにチャレンジ。こりゃよさそうだ。肩甲体とパワーゾーンの同調。やってみよう。

変身

2006/05/28 16:34
カフカ著。
言わずと知れた名作。
ストーリーは単純明快。
主人公が虫になる。それだけ。
てっきり大冒険物語かと思いきや、家族の扱い方。本人の気持ちが淡々と綴られている。
なんだ、こりゃ。
家族おどろかなすぎ。
なんで虫になったのかわからんし。

でも、それが様々な解釈を可能としている。
more...

ブランコのむこうで

2006/05/26 22:46
星新一作品。
ショートショートが面白かったため、読んでみた。
more...

荒川静香

2006/05/26 02:17
通ってるかもわからないマガハの対策に、クリエイティブ作文。

人物紹介、ずばり今年はこの人でしょう。さて、どうかくか…

いいネタが浮かばない。。
more...

そいや

2006/05/26 01:15
よっしーからのバトンをむしってる気がするけど、どんまいだ。

そいや、周りがどんどん内定貰ってる。それに対して皆が大丈夫なの?的な目を向けてくるんですが、本人何も心配して無いんで大丈夫ですわ。皆と違って中小志向なんです。自分で選んだ道だ。

最近思うこと。

今年は歯車が狂っている。というより敢えて狂わせている自分がいる。学科の仲良かった人達も遠い存在にしている。就活も内定もらっときゃいいのに、何でブッチしたんでしょう。T大生コースからもはずれてみたり。陸上も変なことしてたら怪我したし。ぜっ不調の最中だ。

なんでしょうね。うーん。こんな年もあるのかーとまるで落ち込まない自分がいる。いつの間にこんなにタフボーイになったのだろう。

ま、人生経験ですな。特異な経験なんて人の倍以上にしているつもりだけども。また経験が蓄積されていくのですかね。

最悪の次は更なる最悪でしょうか?それとも光かな?ま、どっちでもいいです。ちゃんと一人で切り開いていけますから。

関カレのときに一郎さんに病んでると言われましたが、病んでません。

神様のボート

2006/05/25 22:23
自信江国作品は二作目です。

実は号泣する準備は出来ていたを買った次の日にこの本を購入したのですが、本棚に眠っていました。

more...

いたいよう

2006/05/24 20:47
 今日はGDで早く起きなきゃいけないのに、何だか全身筋肉痛で辛かった。。やっぱり昨日そこそこ走りこんでみたからだろうか。それとも揉み返しか。どっちかだな。
 GD,去年は地球温暖化とかがテーマらしく楽勝。とか思いきや…
 「企業におけるモラルハザードの起こる背景と、その防止法」

…はい?

 とか思ってたら補足をいただけたので、なんとかセーフ。

 出版回ってて思うこと。皆元気ない。元気ある人は出版志望じゃない。なんだろう。元気が一番よね。作り物の元気ほどきもいものはないけど。

異邦人

2006/05/24 18:16
 なんだろう…白夜行以来のムンムン感が襲ってくる…

 レビューに読み易い!や訳もよい!とかあるけども、これのどこが読み易いのであろうか。訳は…まあ、日本語にする時点で無理なんです。内容はまさしく人間そのもの。
more...

もう一つ

2006/05/24 00:44
竹島問題について。
more...

政治の話

2006/05/24 00:42
珍しく政治の話でもしますか。

じゃあ…

日中関係。

そのなかでも靖国問題でもとりあげてみましょう。

ちなみに、ぼかあ左でも右でもありません。微小に右…かな?なので一個人の意見だと思って聞いて下さい。
more...

停電の夜に

2006/05/24 00:32
これって映画大停電の夜にの原作本ですよね。おそらくは。
ジュンパラヒリさんの著です。
ピューリッツァ賞受賞作品だそうで。かつ短編集。どれも繊細です。そして何だろう、えもいえぬ魅力。一瞬でひきつけられ終わると反芻させられます。そんな魅力の作品。その中から停電の夜にの感想を。
more...

あなたらしい服装って…

2006/05/22 23:00
 就職活動中の私目ですが、一番の問題に直面しています。「あなたらしい服装」って何ですか?
more...

走れた

2006/05/22 22:55
 ひんさしぶりに走れた。なんか不幸続きで走れなかったけども、ようやくはしれますた。でも、やっぱり膝に不安が残るし言葉に出来ない不安感はつきまとっている。
 けれども、得たものとしては平行筋を使って走るという点。まだ試運転だけどハム内側がパンパン。それなりの推進力を生み出せそうではある。

 午前に中小出版社だけど、一番行きたいとこの社員さんと会って話をした。2時間半も。予想の二倍以上お話を聞けてありがたや。「営業は大丈夫そうだね」と元営業のエースからお墨付きをいただいたので、あとは縁があるかどうか。不安要素…なんだろう。発想に奇抜さがあり過ぎる?確かに、聞かれたことに答えることに逸脱しかねないのでそこさえ気をつければよろし。

2006/05/21 23:05
本とは、あなたにとって何ですか?
more...

あなたの色はなんですか?

2006/05/21 22:56
あなたの色はなんですか?

というのは出版社の定石らしいですね。いえ、知りませんでしたけど。
more...

本日は

2006/05/21 22:47
 関カレ行けなくて申し訳ない。そして、間近で見たかった新井の表彰台。そして20秒35。申し訳ない気持ちよりも勿体無いことをした気がしてしょうがない。
 とはいえ、今日は同率一位志望の筆記試験ですた。ある意味出版最難関会社。しるか、ボケ。と何度もいいたくなるような問題がズラッと。プロレス団体ノア…あー聞いたことある。表参道の「歩く人」?…誰作ったの?あー聞いたことある。プラダのデザイナーって誰だっけ?…あー聞いたことはある。
 思い出せねえよー。あーどうかなあー。作文はお墨付きなんだけどなー。関カレ行けずに試験ダメだったらダブルパンチなので、試験は上手くいっててほしいものですたい。O文社は同じ手ごたえで受かってたけど、こっちは最難関だし…はてはて、ちょっとハンディをぶち破るには時間が足らなかったかなあ。

去年は…

2006/05/21 22:40
 GDのテーマが「環境問題」であったらしい。

 って聞いて真っ先に浮かぶのが自然環境ですかね?
 対人関係や施設などの環境?

 多分、前者が多数派だと判断しましたので前者で。

 方向性はなんだろう…?多数派は「リサイクルについて」ですかね?
more...

神達彩花さん

2006/05/20 00:45
 本日購入した週刊文春の彩花ちゃんの記事を読んでのことです。この雑誌は発刊日が昨日か一昨日なので、彩花ちゃんはまだ生きているという前提での記事です。
more...

そう

2006/05/19 00:27
関カレの後でテンションが上がったのに、上がったのはテンションだけじゃなくて具合の悪さもだったんよ。
と、今日は比較的げろんぱせずに過ごせたので二日ぶりのおてんとさまを拝みに外へ…
曇ってるし。あー世の中病んでるなと病人のぼくちんは思ってました。いや、ホントに病んでるかは知りませんよ。そんなぼくちんは病んでません。ただ、風邪をひいたので病んではいます。解読不能文ですかねえ?
で、今日は朝起きてからドタバタして第一志望の知り合いの人に作文をFAX。前回ボロクソに言われたので見返そうとそこそこ気合を入れてクリエイティブ書いたのですが、いかんせんボロクソ言う人なので覚悟はしてました。。
 「これ、君のオリジナル?」
 「…はい?」
 「いや、贋作じゃないよね?」
 (んな事するわけねえだろ。あんたにおくりゃばれるだろうし)
 「一応自分で考えました」
 「おお。そうかそうか。これでOK。大分よくなったねえ」

と、ボロクソ言われた一週間前と一転。誉められて嬉しかったわい。この後直木賞作品の感想やら雑誌感想やら話した。頭がこの場面だけは冴えた。緊張すると頭痛はふっとぶらしい。
 その後も出版社なのにリク紹介してくれる会社と電話でお話。編集部の方。これまた緊張。この会社で働くのかなあ。って狭き門だから期待はせず努力していよう。

ベストセラー

2006/05/18 20:24
ベストセラーといえば?
なんでしょうねえ?
今回は「国家の品格」を読みました。
more...

げぼげぼ

2006/05/17 20:51
 我が家は二世帯なので6人住んでますが、うち5人が風邪をひきますた。くるしい。あー腹いてえ。
 というふうに死んでいる中で会社から「一次面接通過の連絡です…」とかかかってきた。嬉しいのか辛いのかよくわからんままに電話をとってしまい、相当ローテンションですた。なので、もう印象悪いのでうかったら奇跡ですわ(涙)もとから狭き門なのにさらに狭くしてしまった。

なぞ

2006/05/15 22:27
 つねのりは面白くていいやつなんです。
 つねのりとは変える方向が結構にてるので、なんどか電車で結構長い時間はなしましたわー。てか昨日も30分くらい二人で話してたわー。

 再来年主将決め(想像)
 「主将を立候補で決めませう」(by将来の主務、まつなが)
 「はい、俺やる」(byうざきくん)
 「えー、まあ無難だなあ。でもうざいからなー」(by民衆)
 「じゃあ、うざきくんでよろしいでしょうか?」
 ざわざわ
 「ちょっと待った!」
ヒーロー的につねのりが立候補し、つねのりに決定です。

 うざきくんもつねのりに負けないために頑張るべし。

関カレ二日目

2006/05/15 13:37
 昨日寒かったから今日は病人が多いかなとか思ってたけど、皆思った以上に元気だった。二日目。今日は出場出来なかったリレーがありますた。結果はノーコメントで。去年みたいになるのが嫌だったから乱入する気にならなかったけども、結果は去年と同じでしたね。マイルは皆いいねえみたいに騒いでたけど、どこがいいのかわからなかった。駒不足。かといって自分にマイル走れる素質がないのは高校で悟ったのででしゃばりません。

 と、落ち込む中、たろーさんがやってくれました。あれはかっちょよかった。本当に見てて興奮してしまった。
 三本目。俺の角度から見たら踏み切り板ピッタリに見えたので、ついつい「よっしゃ」と叫んでしまいました。ホップ、すてっぷであんまり潰れてなかったようにみえたので、ついついジャンプの時に「いけ」と叫んでしまいました。
 エイトから外れてたなかであれだけのジャンプをしてくれたことで感無量でしたわ。本人全然納得してなさそうだけど。今年のハイレベルな中での得点は誇っていいと思いまする。

 やまだくんからMKTさんの話も色々聞けたのでえがったですたい。

直木賞

2006/05/13 23:38
といえば最早巷で知らない人はいないでしょう。

「東野圭吾」さんの「容疑者Xの献身」です。

more...

などと偉そうなことを

2006/05/13 22:02
 書いてしまいましたが、要は何が言いたいかというとですな。
 俺も俺なりに結果を出したいなって思うんですね。自分流で、堅実にかつ大胆にそれこそエキサイティングに高みを狙う。それを非難する人がいてもいいでしょう。俺は自分が100%正しいとは思いませんから。
 関カレで気づいた事。皆フォームが違うって事。当然のことだけど。足が遅くても幅跳びはそこそこ跳ぶ人もいる。でも、俺はそれじゃ困る。短距離選手だから。
 例えが上手くない。要は、他人のマネしてもしょうがねえんだよなあ。ガトリンと同じフォームしてもにくるだけだし、ジョンソンと同じフォームでも遅いだけだし。
 つまり、自分流でいこうと。なんばを拝借。かつ反射重視。
 
 がんばろう。

関カレ初日

2006/05/13 21:40
 完璧応援として、関カレに望むのは一年生の時以来です。いや、明日は補欠として今の力で出来ることはしますが。
 プライドというものはないのか!と怒られそうですが、何となく応援オンリーの立場を経験することになって得たものがあるきがします。というより、正確には何か得るものはないか探したところ発見したものがあるということです。
 それは「応援って何か」です。月並みですが。
 「応援は聞こえない」と率直に言う方もいます。私も同じで、やっぱり走ってる時には応援聞こえないし、走る前の応援はあって当然のものとみなしてきたように思います。
 ただ、今回朝早くから集合に出て一に応援。二に応援。三に応援四に…という試合があってこそ感じましたね。ホントに大変なんだなって。今までいかに「応援お願いします」や「皆の応援があったからこそ…」という言葉を軽々しく言ってきたんだなって猛省です。
 ということで、得る物は得させてもらいました。残り参加できる分はしっかり応援します!ただ、自分は自惚れですが選手として貢献すべきだと思いますのではよ怪我を治して復活したいものです。今現在は最盛期の60%程の力でしょう。半腱半膜が甦ったので、今は11”3程度(推察)。まだ貢献できるほどのレベルで無いので、焦らず復活していきたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。